「防災・緊急」の記事一覧

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ >>

1

[2020年9月17日] 熊本県リスクレベル 『レベル4特別警報』 は継続中です(9月15...

熊本県リスクレベルを示した表の画像、あくまでも目安であり、現状がどのリスクレベルに位置付くか、また、具体的な対策は、本県あるいは全国の感染状況及びその傾向、拡大、縮小を踏まえ、実施する地域やその内容も含め、総合的に判断します。表を、リスクレベル、県の判断基準、対策例の順に説明します。レベル0平常、国内で新規感染者が確認されていない、新しい生活様式の広報、実践、レベル1注意、国内で新規感染者が発生、かつ、県内では新規感染者が未発生、レベル0の対策に加え、3つの密が重なる感染拡大リスクが高い活動や催事において、まん延防止対策を行う、レベル2警戒、県内で新規感染者が発生、かつ、レベル3に該当しない場合、レベル1の対策に加え、感染拡大リスクを高める3つの密が重なる催事の自粛要請、不特定多数が利用する県有施設の閉館、レベル3警報、県内で新規感染者10名以上、又は、リンク無し感染者5名以上、レベル2の対策に加え、週末等の不要不急の外出自粛要請、催事等の自粛要請、施設への休業要請、レベル4特別警報、県内で新規感染者15名以上、かつ、リンク無し感染者8名以上、レベル3の対策に加え、不要不急の外出自粛要請、県外等への移動自粛を要請、全ての催事等の自粛要請、施設への休業要請、リンク無し感染者とは、感染源が特定できないもの、レベルを上げる場合は、週ごとに総合的に判断し、レベルを下げる場合は、前週、前々週の発生状況を踏まえ、同様に判断する。各所管施設の開閉においては、所在する市町村と情報共有し、調整に努めること。3つの密とは、1.密閉空間、換気の悪い密閉空間である、2.密集場所、多くの人が密集している、3.密接場面、互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる 熊本県では、感染拡大早期に県民に警戒を発するために、「熊本県リスクレベル」を策定しています。 ...


2

[2020年8月5日] 豪雨災害に伴う注意喚起情報

災害に便乗した悪質な勧誘・商法に注意!!この度の豪雨災害の発生により、熊本県消費生活センターから【...


3

[2020年8月20日] 災害ごみ・ガレキ・土砂等の撤去制度について(8月20日午後2時)...

災害ごみ・ガレキ・土砂等の撤去制度のご案内 令和2年7月豪雨で宅地内(事業所を含む。)に堆積した災害...


4

[2020年8月1日] 災害ごみに関するお願い

リフォーム・解体により発生したごみに関するお願い 令和2年7月豪雨災害で発生した災害ごみは上漆田町...


5

[2020年7月28日] 令和2年7月豪雨災害に係る災害義援金の受付について

令和2年7月豪雨災害に係る災害義援金の受付について令和2年7月豪雨災害に際し、人吉市では、災害義援金...


6

[2020年7月22日] 【災害関連】豪雨被災者への生活支援窓口ガイドブックのご案内

令和2年7月豪雨被災者への生活支援窓口案内(ガイドブック)について 令和2年7月豪雨災害によって被災さ...


7

[2020年9月7日] 【特別定額給付金・1人10万円】特別定額給付金の給付について(9...

特別定額給付金に関するお知らせのチラシ画像 特別定額給付金に関するお知らせです。特別定額給付金とは?緊急事態宣言の下、人々が連帯して、一致団結し、見えざる敵との闘いという困難を克服しなければならないという状況の下、医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うものです。支給対象者、基準日(令和2年4月27日)に、市区町村の住民基本台帳に記録されている方。(基準日以前に、住民票を消除されていた者で、基準日において、日本国内で生活していたが、いずれの市区町村の住民基本台帳に記録されることとなった方を含む。)※外国人のうち、短期滞在者及び不法滞在者は、住民基本台帳に記録されていないため対象外です。給付金額、世帯構成員1人につき10万円。配偶者やその他親族からの暴力等と理由に避難している方への支援。配偶者やその他親族からの暴力や、性暴力被害、貧困その他の理由が複合的に重なる等して避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に、お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、裏面に記載の手続きをしていただくと、次の措置が受けられます。1.世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。2.手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主からの申請があっても支給しません。対象者となる配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方の要件は次の1から3のいずれかに該当する方。1.配偶者暴力防止法に基づく保護命令が出されていること。2.婦人相談所による「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」又は、市区町村、民間支援団体等による「確認書」が発行されていること。3.令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること。特別定額給付金のお知らせ(9月4日情報) 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、特...


8

[2020年9月4日] 市内保育園・認定こども園・幼稚園の休園について

令和2年9月7日(月)の休園については下記のとおりです。台風10号接近に伴う休園 【保育園】  おこば...


9

[2020年9月3日] 西瀬橋の復旧について

 西瀬橋については、令和2年7月豪雨による被災で通行できなくなっておりましたが、この度、復旧作業が...


10

[2020年8月31日] 人吉なりわい再建サポートセンターの開設について

人吉なりわい再建サポートセンターチラシ人吉市は熊本県、商工会議所と連携した「なりわい再建支援補助金」や「持続化補助金」など国の事業者支...



1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ >>