「中小企業支援・融資・交付金制度」の記事一覧

1 2 3 4 5 次へ >>

1

[2021年2月22日] セーフティネット保証4号 (新型コロナウイルス感染症に係る中小...

セーフティネット保証4号のお知らせこのたびの「新型コロナウイルス感染症」により、セーフティネット...


2

[2021年2月22日] セーフティネット保証4号 (新型コロナウイルス感染症に係る中小...

セーフティネット保証4号のお知らせこのたびの「新型コロナウイルス感染症」により、セーフティネット...


3

[2021年2月15日] 人吉市被災小規模事業者再建補助金について

人吉市被災小規模事業者再建補助金についてのチラシ画像。詳細は一部本文に記述されています。持続化補助金、7月豪雨型について。国が令和2年7月豪雨で被災を受けた小規模事業者の復旧・復興を推進するために、被災小規模事業者が作成する経営計画に基づく事業再建に取り組む費用等に対し交付する補助金。補助対象者は令和2年7月豪雨で被災した小規模事業者、令和3年度採択分。補助対象経費は商工会議所、商工会の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って行う機械装置等の購入費用、ポスター・チラシ等の広告費など。補助上限額は直接被害、国200万円。間接被害、国100万円。補助率、小規模事業者3分の2たす人吉市被災小規模事業者再建事業補助金、人吉市が2分の1を上乗せ補助。人吉市被災小規模事業者再建補助金補助金の目的令和2年7月豪雨で被災した小規模事業者で、国の「被災小...


4

[2021年1月15日] セーフティネット保証及び危機関連保証に係る比較対象月について

セーフティネット保証及び危機関連保証に係る比較対象月についてセーフティネット保証及び危機関連保証...


5

[2021年1月15日] セーフティネット保証及び危機関連保証に係る比較対象月について

セーフティネット保証及び危機関連保証に係る比較対象月についてセーフティネット保証及び危機関連保証...


6

[2021年1月15日] セーフティネット保証5号の指定業種について

セーフティネット保証5号は売上高等が減少している中小企業・小規模事業者の資金繰り支援措置として、...


7

[2021年1月15日] セーフティネット保証5号の指定業種について

セーフティネット保証5号は売上高等が減少している中小企業・小規模事業者の資金繰り支援措置として、...


8

[2020年12月21日] 中小企業大学校人吉校中小企業向け研修に参加しませんか

コースナンバー146、ビジネス心理学に学ぶ ぶれない企業経営のチラシ画像。九州・沖縄経営者塾、人吉教室。研修のねらい。企業経営において、停滞は衰退に等しく、経営者は常に新たな経営目標に向かって挑戦し続けなければなりません。それには、今の採用難や短期離職等に適切に対応しながら人材育成等に取り組み、社員に意欲的に働いてもらうことが不可欠です。この研修では、アドラー心理学に基づく勇気づけによる人材育成と、人の強みを引き出す協働のマネジメントについて、企業事例を交えて理解を深めることにより、これからの挑戦し続ける企業経営のあり方について学びます。研修期間は2021年3月5日、金曜日から3月6日、土曜日。対象者は経営者・経営幹部・後継者。新たな経営目標に挑戦するために、社員のやる気を引き出したい経営者の方。事業承継を控え、社員との良好な人間関係を築きたい経営後継者の方。定員は35名。受講料は16000円、税込。会場は中小企業大学校 人吉校、住所は熊本県人吉市鬼木町梢山1769-1。3月5日、金曜日、12時45分から14時は開講式・オリエンテーション。14時から18時は勇気づけによる人材育成・講義、アドラー心理学の原則的な考え方、目的論と原因論ほか。劣等感と劣等コンプレックスの違い。自己欺脼とは何か。簡易ライフスタイル分析。認知を鍵にしたカウンセリング技法と勇気づけ。3月6日、土曜日、9時から11時は挑戦し続ける企業経営・講義、今こそトップが知るべきドラッカーのマネジメント理論。事例を通じて理解を深める。偽解決から真の解決へ、課題と向き合い、協働のマネジメントを見直す。11時から12時は挑戦し続ける企業経営・事例、アドラー心理学に基づく勇気づけによる人材育成の実践事例。人の強みを引き出す協働のマネジメント実践事例。カリキュラムは都合により変更する場合があります。ご了承ください。受講者交流会は中止したします。講師紹介。みぞい&パートナー経営コンサルティング事務所、代表、みぞいのぶあき、中小企業診断士。中小機構アドバイザー。広告会社などを経て、株式会社ディビーシーでコンサルティング事業部長に就任。1999年に独立。事業戦略、マーケティング、営業、ビジネスモデル構築の支援を中心に、製造業・卸売業・サービス業など幅広い業種の中小企業、起業家にコンサルテーションを行っている。中小企業大学校のほか、東京電機大学、光産業創成大学院大学、産業能率大学などでも指導。ドラッカーマネジメントを実践する会を主宰。株式会社ワン・ステップ代表取締役社長、やまもとひろゆき、宮崎大学農学研究科修士課程修了。子供向けエアー遊具の開発・レンタル事業を全国に展開。2016年宮崎県成長期待企業認定。2017年 九州ニュービジネス協議会アントレプレナー大賞受賞。現在、エアー遊具開発のノウハウを活かし、感染症対策向けのエアー式簡易陰圧室をリリースするなど、新規市場開拓に取り組み、業績回復を目指している。中小企業大学校人吉校では、以下のとおりさまざまな研修が実施されます。ぜひ、ご参加ください。詳細は...


9

[2020年11月9日] 中小企業大学校人吉校中小企業向け研修に参加しませんか

開講研修イメージの写真中小企業大学校人吉校では、以下のとおりさまざまな研修が実施されます。ぜひ、ご参加ください。詳細は...


10

[2020年10月6日] 【事業主の皆さまへ】休暇取得支援助成金について

休暇取得支援助成金の画像。事業主の皆さまへ、新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金をご活用ください。助成金の対象、1から3の全ての条件を満たす事業主が対象です。令和2年5月7日から同年9月30日までの間に、12月31日まで延長される予定。1.新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置として、医師または助産師の指導により、休業が必要とされた妊娠中の女性労働者が取得できる有給の休暇制度、年次有給休暇の賃金相当額の6割以上が支払われるものに限るを整備し、2.当該有給休暇制度の内容を新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置の措置の内容とあわせて労働者に周知した事業主であって、令和2年5月7日から令和3年1月31日までの間に3.当該休暇を合計して5日以上取得させた事業主。新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置の告示の運用期間。助成内容、対象労働者1人当たり、有給休暇計5日以上20日未満、25万円、以降20日ごとに15万円加算、上限額100万円。申請期間、令和2年6月15日から令和3年2月28日まで、雇用保険被保険者の方用と、雇用保険被保険者以外の方用の2種類の様式があります。事業所単位ごとの申請です。事業主の皆さまには、この助成金も活用しつつ、妊娠中の女性労働者が休みやすい環境づくりに努め、積極的な配慮をお願いします。支給要件の詳細や具体的な手続きは厚生労働省ホームページをご確認ください。熊本労働局、雇用環境・均等室に、本助成金及び新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置の相談・申請窓口を設置しています。受付時間8時30分から17時15分、土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く。申請先、熊本労働局雇用環境・均等室、電話番号096-352-3865。郵便番号860-8514熊本市西区春日2-10-1熊本地方合同庁舎A棟9階。詐欺にご注意ください。国や熊本労働局から、助成金の相談について電話等で勧誘することはありません。また、振込先、口座番号やその他の個人情報を個人の方に電話等で問合せることはありません。新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金をご活用ください。詳細は...



1 2 3 4 5 次へ >>