「中小企業支援・融資・交付金制度」の記事一覧

1 2 3 4 次へ >>

1

[2021年8月30日] 先端設備導入計画について

根拠法令の移管に伴い、申請様式が変わりました。先端設備導入計画の根拠法令が生産性特別措置法から中...


2

[2021年8月1日] セーフティネット保証5号の指定業種について

セーフティネット保証5号は売上高等が減少している中小企業・小規模事業者の資金繰り支援措置として、...


3

[2021年8月1日] セーフティネット保証5号の指定業種について

セーフティネット保証5号は売上高等が減少している中小企業・小規模事業者の資金繰り支援措置として、...


4

[2021年7月12日] 中小企業大学校人吉校「中小企業者向け研修」に参加しませんか

「中小企業大学校人吉校「中小企業者向け研修」に参加しませんか」に関する画像中小企業大学校人吉校では、下記のとおり中小企業向けのさまざまな研修が実施されます。ぜひ、ご参加く...


5

[2021年7月12日] 熊本県事業継続・再開支援一時金の申請受付を開始します。

中堅・中小事業者、個人事業者の方への熊本県事業継続・再開支援一時金チラシ表の画像、国の「まん延防止等重点措置」の適用等に伴う飲食店への時短要請や不要不急の外出・移動の自粛の影響により、売上に甚大な影響を受けた中小事業者等に、一時金を交付します。申請期間、令和3年(2021年)7月6日 火曜日から9月30日 木曜日まで、要件、中小事業者等への支援、以下の1または2により、2021年5月、6月の月間売上が、2019年または2020年同月比で30%以上50%未満減少していること、売上が50%以上減少した方は、国の月次支援金の対象、1.時短要請に応じた飲食店と直接・間接の取引があること、農業者・漁業者・飲食料品・割り箸・おしぼり業者など、2.不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けたこと、旅館・土産物屋・観光・施設・タクシー事業者など、酒類販売事業者への支援、国の月次支援金・県の左記の一時金に上乗せ、以下により、2021年5月、6月の月間売上が2019年または2020年同月比で30%以上減少していること、終日酒類提供停止要請に応じた熊本市内の飲食店と直接・間接の取引がある酒類販売事業者(酒税法第7条に規定する酒類の製造免許または第9条に規定する酒類の販売業免許を受けている方に限る)、支援額、中小事業者等への支援、売上が30%以上50%未満減少、法人 上限 月10万円、個人事業者 上限 月5万円、酒類販売事業者への支援、売上が70%以上減少、法人 上限 月40万円、個人事業者 上限 月20万円、売上が50%以上70%未満減少、法人 上限 月20万円、個人事業者 上限 月10万円、売上が30%以上50%未満減少、法人 上限 月10万円、個人事業者 上限 月5万円、算出方法、中小事業者等への支援、2019年または2020年5月、6月の売上 マイナス 2021年5月、6月の売上 イコール 支援額(上限あり)、酒類販売事業者への支援、2019年または2020年5月、6月の売上 マイナス 2021年5月、6月の売上 マイナス 国の月次支援金または県の左記の一時金の支援額 イコール 支援額(上限あり)、算出方法により得られた額が、それぞれの上限額を下回った場合は、当該得られた額を支給、申請方法、原則、オンライン申請、郵送による申請も可能です。宛先 郵便番号 862-8570(住所記載不要)、熊本県商工振興金融課 事業継続・再開支援一時金係、持参による申請は、感染防止の観点から受け付けておりません。県庁ホームページ、オンライン申請のQRコード、制度の詳しい情報のQRコード、相談ダイヤル、熊本県一時金コールセンター 096-387-1515 受付時間9時から17時(平日のみ)熊本県事業継続・再開支援一時金について熊本県では、国の「まん延防止等重点措置」の適用等に伴う飲食...


6

[2021年7月1日] 危機関連保証の発動について(新型コロナウイルス感染症経済対策)...

中小企業者への資金繰り支援措置(危機関連保証)のお知らせ このたびの「新型コロナウイルス感染症」に...


7

[2021年7月1日] 危機関連保証の発動について(新型コロナウイルス感染症経済対策)...

中小企業者への資金繰り支援措置(危機関連保証)のお知らせ このたびの「新型コロナウイルス感染症」に...


8

[2021年6月23日] 令和2年7月豪雨・新型コロナ感染症に係る事業者向け国・県支援メ...

事業者向け、国・県の補助金等の支援メニューをまとめました。ぜひご活用ください。国・県の支援メニュ...


9

[2021年6月23日] 令和2年7月豪雨・新型コロナ感染症に係る事業者向け国・県支援メ...

事業者向け、国・県の補助金等の支援メニューをまとめました。ぜひご活用ください。国・県の支援メニュ...


10

[2021年6月9日] 持続化補助金令和2年7月豪雨型の公募締切について

持続化補助金案内の表のチラシ画像 中小企業庁 全国商工会連合会 令和2年7月豪雨で被害を受けた「小規模事業者等」の皆さまへ 事業再建に向けて補助金により支援します。持続化補助金のご案内。令和2年7月豪雨により、被害を受けた被災区域の小規模事業者等の皆さまを対象とした、上限200万円の補助金制度があるのをご存知ですか?厳しい環境下での事業再建にお役立てください。手続きに関して裏面の事業概要をご覧ください。また、詳しくは裏面に記載の令和2年度被災小規模事業者再建事業「持続化補助金令和2年7月豪雨型」事務局の特設ウェブサイトより「公募要領」をご確認ください。※経済産業省から補助を受けた全国商工会連合会が補助金事務局を運営しています。対象となる取組の一例。ケース1.機械装置等費 被害を受けた機械の取替え、買い換え、事業再建の取組に必要となる機械等の購入等。ケース2.外注費 被災店舗等の改装、修繕等(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含みます。)。ケース3.広報費 商品サービスを訴求するためのチラシ、パンフレット、ポスター等の制作。どんな取組が対象ですか?事業再建に向けた経営計画に基づき、商工会、商工会議所の支援を受けながら実施する事業再建のための取組が対象です。※公募要領に定める基準を満たす場合、被災日以降に発生し、すでに支払が完了した経費を遡って補助対象経費として認めます。主な補助対象経費 機械装置等費、(例)新商品等を陳列するための陳列棚や什器等の備品購入。広報費、(例)商品サービスを訴求するためのチラシ、パンフレット、ポスター等の制作。車両購入費、(例)事業再建の取組みのための車両の購入。展示会等出展費、(例)国内及び海外での商品PRイベントの実施。開発費、(例)新規ネット販売・予約システム等の導入。外注費、(例)店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む)。資料購入費、(例)新商品サービスの開発にあたって必要な図書の購入。専門家謝金・旅費、(例)ブランディングの専門家から新商品開発の指導、助言その他。設備処分費、(例)販売のスペース増床のため所有する死蔵の設備機器の処分。※該当費用による取組みが、補助事業計画に盛り込まれていることが必要です。補助金の対象者は?山形県、長野県、岐阜県、島根県、福岡県、佐賀県、熊本県、大分県、鹿児島県の被災地域に所在する。令和2年7月豪雨により被害を受けた小規模事業者等の皆さまが対象です。上記の対象者が、早期に新たな経営計画を作成し、その経営計画に基づいて実施する「事業再建の取組み」について申請する必要があります。※申請書類に基づく審査の結果、採択を受けた事業者が補助金交付の対象となります。※詳細は、当事務局の公募要項をご参照ください。補助金の上限額は?事業用資産に損壊等の直接的な被害を受けた小規模事業者等。上限200万円まで交付されます。売り上げ減少等の間接的な被害を受けた小規模事業者等 上限100万円まで交付されます。補助率は補助対象経費の3分の2以内となります。(一定の要件を満たす場合は定額)。※経営計画や補助事業計画の作成、販路開拓等の実施については、商工会・商工会議所の指導・助言を受けられます。小規模事業者等とは?常時使用する従業員の数が下記条件に合致する商工業者を指します。商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く)、常時使用する従業員の数5人以下。サービス業のうち宿泊業・娯楽業、常時使用する従業員の数20人以下。製造業その他、常時使用する従業員の数20人以下。公募要領に定める基準を満たした特定非営利活動法人。持続化補助金令和2年7月豪雨型の公募締切が令和3年7月2日(金曜日)となっております。関係する事業所さ...



1 2 3 4 次へ >>