「日本遺産(Japan Heritage)」ロゴマークの使用について(お知らせ)

更新日:2015年6月29日

文化庁が認定する「日本遺産」にて表示いただくとともに各種パンフレットなどにおいて表示することにより、日本の魅力溢れる文化・伝統が世界に発信されるべく、「日本遺産」のロゴマークを決定しました。

日本遺産ロゴマークの画像です


「日本遺産」ロゴマークについて

日の丸は日本を表し、その下の縦格子のように見える繊細な線の集合は、よく見ると
JAPAN HERITAGEの文字です。この線の集合は、ひとつの「面」を形づくっています。
つまり、日本の遺産を点から線へ、そして面で捉える「日本遺産」を表現しています。

制作者:佐藤 卓(グラフィックデザイナー)
1984年佐藤卓デザイン事務所設立。商品デザイン、美術館、博物館のシンボルマークを手掛けるほか、
NHK Eテレ「デザインあ」の総合指導、21_21 DESIGN SIGHT ディレクターを務めるなど多岐にわたって活動。

 

人吉球磨の日本遺産ストーリーの魅力発信に活用しよう!

ロゴマークは3パターンあり、日本遺産のストーリーの普及啓発、広報、理解促進を目的とした場合に使用することができます。
ロゴマークの使用にあたっては、事前に届出が必要な場合があります。
下記の手引きをよく読んでマニュアルに従って使用してください。

「日本遺産(Japan Heritage)」ロゴマーク使用の手引き」1.(2)に記載の届出先は、下記のとおりです。
データは、必ず「「日本遺産(Japan Heritage)」ロゴマークの使用マニュアル」に則り、御利用ください。

使用についての届出先・問い合わせ先

人吉球磨日本遺産活用協議会(事務局:人吉市教育委員会歴史文化課)

 

参考サイト
日本遺産(Japan Heritage)及び人吉球磨の認定ストーリーについては、文化庁のホームページをご確認ください。

 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

教育部 文化課 文化政策係
電話番号:0966-22-2324
ファクス番号:−この記事に関するお問い合わせ