プラネタリウムのご案内

更新日:2019年5月1日

「プラネタリウム」について   

 雨の日でも昼間でも星空を作り出し、星々や星座の不思議に触れることができる場所…それがプラネタリウムです。

 カルチャーパレスのプラネタリウムでは、ナレーションや音楽に乗り、映し出された星空や星座などの映像でさまざまな謎や古くからの伝説などのお話をご紹介します。

 

プログラムのご案内について 

冬の星座解説 (約14分)
5月のDVD「浦島太郎の物語〜時間旅行のふしぎ〜」 (約30分)

 現代に迷いこんだ浦島太郎を巡って、宇宙旅行における「ウラシマ効果」を考えます。          ただならぬ様子の浦島太郎に出会った武志は、戸惑いながらも彼を自分の家に連れて行きます。       夜、星を見ていると、武志の頭にある考えが。                            「竜宮城とは本当はどこかにある星で、浦島太郎は宇宙旅行をしてきたのでは?」             そう考えた武志は、天文クラブの大竹先生に相談します。                        高速に近いスピードで宇宙旅行をすれば可能性があるらしいが、はたして…?

 

5月の星空

 さわやかな風が吹き渡る季節となりました。大型連休は早起きして天体観測をお楽しみください。

4月25日〜5月20日頃は「みずがめ座η(エータ)流星群」の活動時期です。流れ星が見られるといいですね。


 

春の大曲線

  北斗七星のひしゃくの柄の部分をそのままカーブに沿ってのばすと、うしかい座のアルクトゥルス、おとめ座のスピカが見つかります。さらにのばすと、からす座へとたどり着きます。

 

★春の大三角★

 うしかい座のアルクトゥルス(1等星)・おとめ座のスピカ(1等星)・しし座のデネボラ(2等星)を      むすんで出来る三角形。

 

★みずがめ座η流星群★

 2019年のみずがめ座η(エータ)流星群のピークは、5月6日(月) 23時ごろ〜夜明け前が見頃です。         出現数はあまり多くはありませんが、5月5日が新月なので、月明かりの影響がなく最良の条件です。              

 

投影のご案内について

<投影日時>
 種別 投影曜日 投影回数 時間 
 一般投影火曜日・木曜日 1回 午後2時 
 一般投影土曜日・日曜日・祝日  2回午前11時と午後2時
 団体投影平日で、上記外の時間帯  要予約 ご相談ください。 

※一般投影/団体投影ともに、休館日にはお休みさせていただきますので、ご了承ください。
【休館日】……月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、年末年始 (12/29〜1/3)

  • 入場10分前までに、コミュニティー棟1階受付にて観覧チケットをお買い求め下さい。
  • 番組途中での入場はできませんのでご注意ください。

 

団体投影について

 プラネタリウムでは、休館日以外の一般投影のない時間帯に団体投影を行っています。

 詳しくはお問い合わせ下さい。

投影時間・定員・場所
  • 投影時間 30〜50分間
  • 定員 98名
  • 場所 カルチャーパレス三階プラネタリウム室
観覧料 ※消費税を含みます。
  • 大人・高校生 210円
  • 小・中学生 100円
  • 幼児 無料

 ※身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方とその方の介護をされる方(お一人のみ)は、上記料金の半額となります。チケットをお求めの際に、係員に各種手帳をお見せ下さい。

関連情報

プラネタリウム内部


プラネタリウム



 


お問い合わせ

総務部 契約管財課 カルチャーパレス管理係
電話番号:0966-24-3311
ファクス番号:0966-24-3519この記事に関するお問い合わせ