「生活者としての外国人」のための日本語学習サイトについて

更新日:2020年6月3日

日本で生活する外国人が、日本語でコミュニケーションをとり生活できるようになることを目指して、日本語学習のためのウェブサイトを文化庁が作成されました。

日本語のレベルや、学習したい生活の場面、キーワードに応じて学習コンテンツを選択し学習することができます。

お近くの外国人の皆さんにご紹介いただき、学習の機会にご活用ください。

 サイト名称

「生活者としての外国人」のための日本語学習サイト
 つながるにほんごでのくらし(外部リンク)

リンク先

 

 

対 象

日本に住み始めたばかりで、日本語を初めて学ぶ人

特 徴

  • 基本的な日本語の表現・言葉の学習を目的にしています。
  • 日本で暮らす外国人が経験する生活の場面に特化しました。
  • 動画を中心とすることにより、学習する言葉がどういった場面で使われるか分かるようにしました。
  • 日本語のレベルに応じて場面を選択することや,関心のある場面を選択して学び始めることができるようにしています。
  • 興味がある場面やキーワードで、学習コンテンツを検索できるようにしました。
  • シンプルなシステム構成にしました。
  • 日本語以外にも生活で必要な情報を得られるようにしました

対 象 言 語

  • 日本語
  • 英語
  • 中国語
  • ポルトガル語
  • スペイン語
  • ベトナム語
  • ※どの言語からでも、ボタン選択で簡単に他の言語に切り替わります
    (令和3年3月にインドネシア語・フィリピン語・ネパール語・カンボジア語を追加予定)

 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

教育部 社会教育課 生涯学習係
電話番号:0966-22-2111(内線5235)
ファクス番号:0966-22-7019この記事に関するお問い合わせ