新型コロナウイルス感染症の急激な感染拡大に伴う市民の皆さまへのお願い

更新日:2022年8月1日

新型コロナウイルス感染症の急激な感染拡大に伴う市民の皆さまへのお願い

 人吉球磨管内では、7月上旬以降、新型コロナウイルス感染症の新規陽性者数が過去最高を更新し、子どもや若者、重症化リスクの高い高齢者の方々など、すべての年代において急激な感染拡大が起きています。

 この感染拡大とともに、医療機関では一般診療のみならず、夜間や休日の救急医療体制にも影響が生じている状況です。

 市民の皆さまには、医療体制の安定的な確保のため、以下の取り組みに御理解と御協力をお願いします。

 なお、適切な換気やマスクの着用など、引き続き基本的な感染対策の再徹底を併せてお願いいたします。

医療機関の適正な受診を心掛けましょう

  1. 平日の昼間の診療時間内に、近隣の医療機関を受診してください。
  2. 緊急性が高くない場合(症状は軽いが薬が欲しい、コロナかどうか検査して欲しいなど)は、夜間や休日における救急病院の受診はお控えください。
  3. 救急車の適正利用を心掛けましょう。
  4. 学校や事業所では、検査の陰性証明を求めないでください。

 

休日・夜間の受診を迷う場合は、次の電話相談を利用しましょう。

 【 対象 : 15歳未満 】 子ども医療電話相談窓口 : 電話番号 #8000

             平日 : 午後7時から翌朝8時

             土曜日: 午後3時から翌朝8時

          日曜日・祝日: 午前8時から翌朝8時

【 対象 : 15歳以上 】夜間安心医療電話相談窓口 : 電話番号  #7400

             毎日 : 午後7時から翌朝8時

 

新型コロナに感染した場合に備えましょう

  1. 市販の解熱剤や総合感冒薬などを常備しておきましょう。
  2. 日用品や食料品を備蓄しましょう。
  3. 家庭内感染対策のため、アルコール消毒液やマスクも準備しましょう。
  4. ワクチン接種を最新の状態にしておきましょう。4回目接種の対象者で、ご希望の方は、早めに接種をお願いします。3回目接種がお済みでない方も、速やかに接種しましょう。
    基礎疾患をお持ちの5歳から11歳のお子様も、かかりつけの先生と接種をご相談ください。

 

 新型コロナウイルス感染後、医師に軽症と診断され入院不要の場合、多くは1から3日間ほど発熱が続いたあとに自然に回復します。症状の程度はさまざまです。症状を認める時は、身体をしっかり休め、回復に努めましょう。


お問い合わせ

健康福祉部 保健センター 母子保健係
電話番号:0966-22-2111(内線6221・6223)新型コロナワクチン担当内線(6235)
直通番号:0966-24-8420
ファクス番号:0966-24-8546この記事に関するお問い合わせ