新型コロナウイルス感染症対策に係る熊本県のリスクレベル

更新日:2023年1月27日

熊本県リスクレベルについては、国が示すレベル分類をもとに基準を設定していますが、今般、国のレベル分類が見直されたため、熊本県リスクレベル基準も改定しました。
詳しくは、新型コロナウイルス感染症対策に係る熊本県リスクレベル基準の改定について(外部リンク)をご確認ください。

 熊本県リスクレベル3の画像 詳細は以下にリンクされた熊本県ホームページをご確認ください



 

熊本県における現状認識の画像 詳細は以下にリンクされた熊本県ホームページをご確認ください


感染の態様及びリスクレベル判定の画像 詳細は以下にリンクされた熊本県ホームページをご確認ください


注意が必要な地域の概況及び参考データの画像 詳細は以下にリンクされた熊本県ホームページをご確認ください





最新のリスクレベルは、下記の熊本県ホームページをご確認ください。

熊本県リスクレベル (外部リンク)

   

   新型コロナウイルス感染症の感染者数は減少傾向にありますが、病床使用率・重症病床使用率は依然高いほか、季節性インフルエンザも注意報発令に近い発生数であり、医療機関への負荷は高い状況が継続しています。
   換気をはじめとした感染防止対策の徹底に加え、救急医療の使い方(外部リンク)の確認や、感染に備えた準備(外部リンク)をお願いします。
   また、希望される方は早めのワクチン接種(外部リンク)をお願いします。
   県においては県民広域接種センター(外部リンク)(グランメッセ熊本)を開設していますので、夜間・休日も含めた検討をお願いします。
   陽性となった場合、発生届の対象とならない方(若い方など重症化リスクが高くない方)は、御自身の療養期間を御確認いただくとともに、万一症状が悪化した場合のスムーズな対応のため、熊本県療養支援センターに陽性者登録(外部リンク)を行っていただくようお願いします。

 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

総務部 新型コロナウイルス感染症対策室
電話番号:0966-22-2111
ファクス番号:−この記事に関するお問い合わせ