「新型コロナ感染症」と「熱中症」の予防対策

更新日:2020年6月8日

今年は、「マスク熱中症」や外出自粛による運動不足から、例年より熱中症のリスクが高まっています。マスクの着用時は体内に熱がこもりやすくマスク内の湿度が上がることで、喉の渇きに気づきづらくなる傾向にあるからです。

熱中症は、気温などの環境条件だけではなく、人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い・風が弱い日や、体が暑さになれていない時期は注意が必要です。気温の高い日が続くこれからの時期、特に7月から8月の発生件数がピークになります。

 症状

めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、足がつる、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐、身体がだるい、いつもと様子が違う等の症状が現れ、重症になると、意識消失、けいれん、からだが熱いなど

 ※自力で水が飲めない、意識がない場合はすぐに救急車を❕

 こんな人は特に注意を

高齢者・幼児、持病のある人、体調の悪い人(二日酔い・睡眠不足等)、暑さに慣れていない人、肥満の人(皮下脂肪が体内の熱を逃がす効率を妨げるので体内に熱がこもりやすい)

 予防法

  1. 例年より、こまめな水分の補給をする

<水分補給のポイント>

  • 1日あたり1リットルから1.5リットルの水分を取る(10分から15分おきに1口か2口飲む、1時間おきにコップ1杯、午前午後に500ミリリットルのペットボトル1本分ずつを飲みきるなどの目標を)
  • カフェイン(コーヒーや緑茶)を含まない、水や麦茶がお勧め(アルコールも×)
  • 外出時には飲み物を持ち歩く
  • のどの渇きを感じなくても水分を取る
  • 起床後、入浴前後に水分を取る(睡眠時、入浴時も発汗している)
  • 大量に発汗する状況では、経口補水液など塩分の補給もする
  1. 暑さを避けて過ごす
  • 扇風機やエアコンで室温を調節する(我慢しない)
  • 屋外では、風通しの良い日陰など涼しい場所で過ごす
  • 日傘や帽子・涼しい服装を利用、保冷剤・冷たいタオル・シャワーで身体を冷やす
  1. 感染予防も忘れずに
  2. ・・・こまめな換気(1時間に5分から10分を目安に)をする

 ◆「熱中症は100%予防できる」と言われています。新型コロナ感染症予防対策と併せて取り組みましょう。

 ◆詳しくは下記リンクをご確認下さい

 環境省 熱中症予防情報サイト(外部リンク)

 熱中症環境保健マニュアル(外部リンク)

 夏季のイベントにおける熱中症対策ガイドライン(外部リンク)

 熱中症による緊急搬送人員数(消防庁)(外部リンク)

 スマートフォン版 環境省 熱中症予防情報サイト(外部リンク)

 携帯サイト版 環境省 熱中症予防情報サイト(外部リンク)


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

健康福祉部 保健センター 健康増進係
電話番号:0966-22-2111(内線6221)
ファクス番号:0966-24-8546 この記事に関するお問い合わせ