医療費が高額になったとき

更新日:2018年8月1日

 1か月(同じ月内)の医療費の自己負担額が、下記の限度額を超えた場合、申請をして認められると限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。
 なお、後期高齢者の方が高額療養費の支給対象となった場合には、熊本県後期高齢者医療広域連合から申請書を送付しますので、市役所(西間別館)3番窓口で手続きしてください。
 また、一度申請いただきますと、以後に発生した高額療養費は、申請された金融機関の口座に自動的に振り込みますので、再度申請の必要はありません。
  
 ※自己負担額=所得に応じて6段階あります。

      
表:入院及び外来自己負担限度額(月額) 
所得区分 

外来

(個人単位)

外来+入院(世帯単位)

現役並所得者

 <> 

課税所得690万円

以上の方

 

252,600円+(医療費-842,000円)×1% 

<多数回 140,100円>(※1)

現役並所得者

 <> (※3)

課税所得380万円

以上の方

 

167,400円+(医療費-558,000円)×1% 

<多数回 93,000円>(※1)

現役並所得者

 <> (※3)

課税所得145万円

以上の方

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

<多数回 44,400円>(※1)

一 般

課税所得145万円

未満の方

18,000円

(※2)

57,600円

<多数回 44,400円>(※1)

低所得者 (※3)住民税非課税世帯8,000円24,600円
低所得者 (※3)

住民税非課税世帯

(年金収入80万円

以下など) 

8,000円15,000円

(※1) 過去12ヶ月以内に3回以上、上限額に達した場合は、4回目から「多数回」該当となり、上限額が下がります。

(※2) 自己負担額の年間(毎年8月1日から翌年7月31日)の合計額が144,000円を超えた場合、超えた額が払い戻されます。

(※3) 低所得者気泙燭廊兇乏催される方で「限度額適用・標準負担額減額認定証」をお持ちでない方、及び現役並所得者気泙燭廊兇乏催される方は、限度額を超える外来・入院時に認定証が必要となりますので申請をお願いします。

 【申請に必要なもの】 後期高齢者医療被保険者証  印鑑

  


お問い合わせ

市民部 保険年金課 後期高齢者医療係
電話番号:0966-22-2111(内線1225)
ファクス番号:0966-24-9536この記事に関するお問い合わせ