【後期高齢者医療】押印の廃止について

更新日:2021年5月31日

 後期高齢者医療関係の申請書類について、一部を除き令和3年6月から押印廃止となります。

 なお、押印は不要となりますが、窓口での本人確認は必要ですので、申請の際は確認書類をご持参いただきますようお願いします。

 

  • 押印廃止となる申請書等一覧

    押印廃止となる申請書等一覧(PDF 約343KB)

    ※第三者行為関係の様式や被扶養者軽減該当申出書など、引き続き押印が必要な書類もあります。

    また、人吉市のはりきゅう・マッサージ施術券の申請には、現在は保険証印鑑が必要ですのでご持参ください。

 

  • 本人確認について

    (本人来庁の場合)

    ・1点
    でよい書類: 顔写真付きの証明書類
             例)運転免許証、マイナンバーカード、パスポート(旅券)、障害者手帳など


    2点必要な書類: A 氏名・住所または氏名・生年月日の記載があるもの
             例)後期高齢者医療被保険者証、介護保険被保険者証、年金証書、年金手帳、
               年金通知書、納税通知書など官公庁からの通知書等

             B その他の書類
             例)預金通帳、キャッシュカード、各種税金・公共料金の領収証、診察券等

             ※Aから2点、またはAとBから1点ずつ必要

 

   (代理人来庁の場合) 

   
1.委任意思確認として被保険者の保険証または委任状が必要となります。

   2.代理人の本人確認書類が必要です。

    (具体例は、上記本人来庁時の欄に記載のものをご確認ください。)


   委任状様式 委任状様式(手続き用)(EXCEL 約46KB)

 

 不明な点等ございましたら、お問い合わせください。


 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

健康福祉部 高齢者支援課 後期高齢者医療係
電話番号:0966-22-2111(内線1221・1223)
ファクス番号:0966-24-5005この記事に関するお問い合わせ