平成30年4月から入院時の食費の負担額が変わります

更新日:2018年4月23日

入院時の1食あたりの食費の負担額(食事療養費)が以下のとおり変更されます。

なお、住民税非課税世帯の人や、指定難病、小児慢性特定疾病の患者の人等の負担額は据え置かれます。 

表:入院時食事療養費

区分

過去12か月の

入院日数

平成30年3月31日

まで

食費(1食)

平成30年4月1日

から

食費(1食)

住民税課税世帯

360円460円

住民税非課税世帯

※注1

70歳未満で【オ】

70歳以上で【低2】

90日以内

210円変更ありません

91日以上

※注2

160円
70歳以上で【低1】100円

※注1
住民税非課税世帯の人は、保険者が発行する減額認定証を提示することで食事の減額を受けることができます。

※注2
70歳未満で【オ】、70歳以上で【低2】の区分の人が過去12か月以内に91日以上の入院となる場合は、申請していただくことで210円から160円にさらに減額となります。

減額認定証や入院時食事療養費について詳しくは、以下の記事をご確認ください。

人吉市国民健康保険

後期高齢者医療制度

なお、人吉市国民健康保険、後期高齢者医療制度以外の保険に加入されている人は、現在ご加入中の医療保険の保険者にお問い合わせください。
 


お問い合わせ

市民部 保険年金課 国保年金係
電話番号:0966-22-2111(内線1221)
ファクス番号:0966-24-9536この記事に関するお問い合わせ