令和2年7月豪雨に伴う国民健康保険証等の取扱いについて

更新日:2020年9月9日

令和2年7月豪雨に伴う保険証の取扱いを下記のとおりといたしましたので、お知らせします。

すべての人吉市国民健康保険の被保険者対象

令和2年8月1日更新の保険証の郵送を開始しました

 令和2年8月1日から令和3年7月31日まで有効の保険証を郵送いたしました。(令和2年9月8日発送)

 ただし、7月以降に資格取得や転入などの異動があった方については、今後、順次発送する予定ですのでご了承ください。

 配達まで相当の日数がかかることが予想されますが、令和2年9月30日までに保険証が郵送されない時には、保険年金課までお問い合わせください。

 それまでは、令和2年10月31日まで保険証の有効期限を延長しておりますので、そのままご利用ください。

 有効期限告示(PDF 約161KB)

  ただし、70歳に到達する方は翌月1日から保険証の種類が変わりますので、新しい保険証を郵送させていただきます。

限度額適用認定証等は手続きが必要です

 入院や通院で高額な医療費を支払うこととなる場合、申請により、所得等に応じた限度額(月額)の認定証を交付します。

 限度額適用認定証等は、期限延長はしておりません。8月以降の限度額適用認定証および限度額適用・標準負担額減額認定証が必要な方は、手続きが必要ですのでご注意ください。

※保険証・印鑑・身分を証明するものが必要です。

 

被災した被保険者対象

 令和2年7月豪雨により被災された方については、10月31日まで下記の特例措置が受けられます。

 

関連資料
被災者向け(PDF 約566KB)
医療機関等向け(PDF 約164KB)

保険証なしで受診できます

 このたびの水害により、保険証が見つからない被保険者におかれましては、医療機関等に保険証を提示することなく、受診していただけます。

 この際、医療機関等の窓口で、「水害により、保険証が見つからない。」旨を申告してください。

一部負担金が猶予または免除されます

 このたびの水害により、次の1から5までのいずれかに該当する方は、医療機関等の窓口でその旨を申告すると、一部負担金が猶予または免除されます。

  1. 住家の全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準ずる被災をされた方
  2. 主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った方
  3. 主たる生計維持者が行方不明である方
  4. 主たる生計維持者が業務を廃止または休止した方
  5. 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

※後日、本市から被災状況等の確認をすることがあります。

※県外の医療機関等でも同じように受診できます。

※入院時の食費、生活費などは、お支払いいただく必要があります。

 

医療機関等の皆さまへ

 令和2年7月豪雨に関する保険証、一部負担金、診療報酬などの取扱いについては、厚生労働省ホームページをご確認ください。

 厚生労働省ホームページ 令和2年(2020年)7月豪雨について(外部リンク)

 診療報酬請求に関し不明な点は、管轄の国民健康保険団体連合会へお尋ねください。


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

市民部 保険年金課 国保年金係
電話番号:0966-22-2111(内線1221)
ファクス番号:0966-24-9536この記事に関するお問い合わせ