修理に100万円以上を要した半壊世帯(中規模半壊世帯除く)・一部損壊への義援金支給受付について

更新日:2021年9月28日

 令和2年7月豪雨により、お住いの家屋が半壊(中規模半壊世帯を除く)・一部損壊の判定を受け、修理に100万円以上の費用を要した世帯を対象に義援金を配分します。

配分対象世帯

下記のいずれにも該当する世帯

  1. 住宅が半壊の判定を受け中規模半壊世帯に該当しない世帯または一部損壊世帯
  2. 下記対象範囲の修理費用に100万円以上支出した世帯
    ※応急修理制度を活用した世帯も、対象範囲の修理費用総額が100万円以上の世帯であれば対象となります。

修理の対象範囲 

日常生活に欠くことができない部分の修理とし、内装や外壁のみの工事、家電製品の修理等は除きます。

表:修理の対象範囲

対象となる
工事箇所・

部分

  • 屋根、柱、床、外壁、基礎等
  • ドア、窓等の開口部(ガラス・鍵の交換も含む)
  • 上下水道、電気、ガス等の配管、配線、吸排気設備(換気扇等)
  • 衛生設備(便器、浴槽等)

★上記の対象箇所・部分であっても、壊れていない場合の取り換えやリフォーム、
 グレードアップは対象とならない。

対象外とする
工事箇所・
部分

  • 内装(間仕切り壁、壁紙、天井の仕上げ、ふすま、障子等、畳)
  • 外構(門、車庫、カーポート、塀、柵等)
  • 家電製品

配分額

  • 半壊世帯(中規模半壊世帯を除く) 10万円
  • 一部損壊世帯           6万円

必要書類

1.令和2年7月豪雨義援金申請書 (修理世帯用)
  • 世帯主の口座をご記入ください。
    同一世帯員の口座にのみ振込み先を変更可能です。ただし、世帯主の委任状が必要となります。
    同一世帯員以外への口座には振込はできません
2.り災証明書の写し
3.通帳の写し又はキャッシュカードの写し

※振込先の口座番号・口座名義・フリガナが分かるページをコピーしてください。
 振込先は個人の口座に限らせていただきます。

4.修理費用の領収書
5.修理内容が分かる書類
  • 内訳書
  • 明細書
  • 修理前後の写真 等

※修理内容が分かる書類が無い場合は、窓口にて内容をお伺いします。

受付開始

令和3年11月5日(金曜日)

受付場所

カルチャーパレス ホール棟

受付時間

午前9時〜正午

午後1時から午後4時  月曜日から金曜日(祝日を除く)

令和2年7月豪雨「義援金」のご案内【修理世帯用】(PDF 約564KB)


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

健康福祉部 被災者支援対策課 生活再建係
電話番号:0966-22-2111(内線6741)
     0966-22-2125
     ・生活再建支援に関する相談
ファクス番号:0966-24-7869この記事に関するお問い合わせ