認可外保育施設の届出対象等の変更について

更新日:2016年2月22日

平成27年12月16日付けで「児童福祉法施行規則の一部を改正する省令」が公布されたことに伴い、平成28年4月1日から認可外保育施設の届出対象等が変更になります。

主な改正(変更)点

1 届出対象人数の変更

これまでは1日に保育する乳幼児が6人以上の場合、県に届出が必要でしたが、平成28年4月1日以降は、1人以上の保育を行う場合に、届出が必要になります。

※熊本市内の事業者は熊本市に届出

2 マッチングサイトURLの届出

既に届出をしていても、子どもの預かりサービスのマッチングサイトを活用している事業者はサイトURLを届け出る必要があります。

3 研修の受講状況の届出

保護者が安心して子どもを預けられるように積極的に研修を受講し、保育従事者の質の向上に努めることが求められます。

このため、訪問型保育事業(ベビーシッター)や1日に保育する乳幼児の数が5人以下の認可外保育施設は、研修の受講状況も届出事項になります。

下記のリーフレットも併せてご覧ください。

下記のリンクをクリックしダウンロードしてご覧ください。

リーフレット(PDF 約119KB)

参考

熊本県ホームページ http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_14735.html

問い合わせ先
  • 熊本県子ども未来課
  • 電話番号 096-333-2227

追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

健康福祉部 福祉課 児童福祉係
電話番号:0966-22-2111(内線1145)
ファクス番号:0966-24-9536この記事に関するお問い合わせ