妊婦の方の新型コロナウイルスワクチン接種について

更新日:2021年8月25日

 妊娠中に新型コロナウイルスに感染すると、特に妊娠後期には重症化しやすく、早産のリスクも高まるとされています。新型コロナウイルス感染症の感染が拡大しており、妊婦の感染も多数報告されている状況です。

 妊娠中で、ワクチン接種を検討されている方は、下記の資料をご参考ください。

  • 新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)について(第2報)

(産婦人科学会・日本産婦人科医会・日本産婦人科感染症学会)

新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて(第2報)(外部リンク)

  • 厚労省ホームページ「妊産婦や乳幼児に向けた新型コロナウイルス対応関連情報」

妊産婦や乳幼児に向けた新型コロナウイルス対応関連情報(外部リンク)

 

  • 厚生労働省新型コロナワクチンQ&A

  ・私は妊娠中・授乳中・妊娠を計画中ですがワクチンを接種することができますか。

新型コロナウイルスワクチンQ&A(外部リンク)

 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

健康福祉部 保健センター 母子保健係
電話番号:0966-22-2111(内線6221・6223)新型コロナワクチン担当内線(6235)
直通番号:0966-24-8420
ファクス番号:0966-24-8546この記事に関するお問い合わせ