梅雨の時期、もしものために!!〜乳幼児編〜

更新日:2021年5月19日

梅雨の時期、もしものために!!

 九州全域が梅雨に入り、雨の日が続いています。令和2年7月には九州豪雨での水害もありました。

新型コロナウイルス感染拡大も懸念されている中、もしもの時に備えましょう!!

 

 もし、避難所に避難する際は、必要なものを準備し避難しましょう。

(例)乳幼児がいる家庭

  • おむつ
  • おしりふき
  • 着替え
  • ミルク
  • お湯(ミルク用)
  • 哺乳瓶
  • タオル(バスタオルなど)
  • シート
  • ビニール袋
  • 水分
  • ベビーフードや簡単な食事
  • お気に入りのおもちゃ
  • 母子手帳

 など、必要なものを事前に準備しておくと、安心です。避難所では大勢の人が集まるため、プライベートスペースが確保できなくなります。いつもとは違う環境のため、お子さまの不安が大きくなる可能性もあるため、お気に入りのおもちゃや本などを準備しておくと良いでしょう。

 お子さまの準備物だけではなく、保護者の方の準備物も一緒に備えておきましょう!!

 


お問い合わせ

健康福祉部 保健センター 母子保健係
電話番号:0966-22-2111(内線6221・6223)新型コロナワクチン担当内線(6235)
直通番号:0966-24-8420
ファクス番号:0966-24-8546この記事に関するお問い合わせ