ロタウイルスワクチンが令和2年10月1日から定期接種になります

更新日:2020年9月30日

ロタウイルスワクチンが令和2年10月1日から定期接種になります


  令和2年8月1日以後に生まれた方が対象です。

ロタウイルス胃腸炎とは

 口から侵入したロタウイルスが腸管に感染して発症します。感染力が非常に強く、手洗いや消毒などをしっかりしても、感染予防をすることが難しいため、乳幼児のうちに、ほとんどの子どもが感染します。下痢や嘔吐は1週間程度で治まりますが、下痢、嘔吐が激しくなると、脱水症状を起こす場合もあり、乳幼児の急性胃腸炎の入院の中で、もっとも多い感染症です。重症化して死亡例も発生しております。初回の接種時期も決まっているため早く開始して、完了しましょう。

 

ワクチンについて

  • ワクチンは2種類あり、飲むワクチンです。 
表:ワクチンについて
 ワクチン名 ロタリックス(1価)ロタテック(5価) 
 ワクチンの種類  どちらも生ワクチン
 対象年齢出生6週0日後から24週0日後 出生6週0日後から32週0日後 
 接種回数2回接種(27日以上の間隔をあける) 3回接種(27日以上の間隔をあける) 

 接種後特に注意すること

・どちらのワクチンも、接種後(特に1週間から2週間)は腸重積症になるリスクが高くなります。

※原則、最初に接種したワクチンを2回目以降も接種となります。

回接種生後14週と6日(約3か月と10日)までに接種をします。

※出生15週0日以降の初回接種は人吉市の指定医療機関では接種できません。

 

ワクチンを接種した後

 接種後30分は、医療機関で待機となります。ワクチン接種後2週間ほどは、赤ちゃんの便の中に、ワクチンのウイルスが含まれることがあります。おむつ交換の後など、ていねいに手を洗ってください。

 

腸重積症(副作用)について

  腸重積症とは、腸の一部が他の腸の中に入り込み、閉塞状態になることです。0歳児の場合、ロタウイルスワクチンを接種しなくても起こる病気で、もともと、3か月から4か月くらいから月齢が上がるにつれて多くなります。そのため、早めに接種を開始し、完了させることがすすめられています。

症状として

  • 突然はげしく泣く
  • 泣いたり不機嫌になったりを繰り返す
  • ぐったりして顔色が悪くなる
  • 嘔吐を繰り返す
  • 血便がでる   

 接種後、上記の症状があれば速やかに接種医療機関を受診してください。接種した医療機関とは別の医療機関を受診する場合は、ロタウイルスワクチンを接種したことを伝えてください。

 

参考資料

厚労省ホームページ(ロタワクチン)(外部リンク)

 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

健康福祉部 保健センター 母子保健係
電話番号:0966-22-2111(内線6231)
ファクス番号:0966-24-8546 この記事に関するお問い合わせ