【第2弾】マイナポイントを活用した消費活性化策について

更新日:2022年12月20日

マイナポイントとは

マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、選んだキャッシュレス決済サービス(注)でチャージやお買い物をすると、そのサービスで、ご利用金額の25%分のポイントがもらえるのが「マイナポイント」の仕組みです。(上限一人あたり5,000円分)

(注)QRコード決済や電子マネー(交通系のICカードなど)、クレジットカードなどのことです。

マイナポイント事業第2弾について

  1. マイナンバーカードを取得された方のうち、マイナポイント第1弾に申し込んでいない方(マイナンバーカードをこれから取得される方も含む。)

    2021年12月末までにマイナポイント第1弾を申し込んだ方で、まだ20,000円のチャージやお買い物を行っていない場合(最大5,000円までポイント付与を受けていない方)は、2022年1月1日以降も引き続き、上限(5,000円相当)までポイントの付与を受けることができます。
  2. マイナンバーカードを健康保険証としての利用申込みを行った方 7,500円相当のポイント既に利用申込みを行った方も含む。
  3. 公金受取口座の登録を行った方 7,500円相当のポイント

ポイント申込終了時期

1から3いずれも令和5年2月末まで

1の対象となるチャージ又は買い物期間も令和5年2月末まで

ポイント申請の対象となるマイナンバーカードの申請期限

令和5年2月末まで (延長になりました) 12月20日更新

カード申請期限の延長は今回が最後になります。

「マイナポイント」をもらうまでの流れ

 マイナポイントをもらうためには、マイナンバーカードの取得が必要です。

マイナンバーカードでマイナポイント 第2弾のチラシ画像。詳細はPDFをご確認ください。


マイナポイント第2弾説明チラシ(PDF 約254KB)

マイナンバーカードの取得について

市の市民課窓口でもカード交付申請(写真撮影も含む)を行うことができます。

本人確認書類を持参してください

ア 公的機関が発行した顔写真付き身分証明書の場合 1点

(例):運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る。)、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、中長期在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書、住民基本台帳カード

有効期限があるものは、有効期限内(運用中)のものに限る。

イ 上記アの書類をお持ちでない方は、「氏名・生年月日」又は「氏名・住所」が記載され、市長が適当と認める書類のうち2点

(例):健康保険証、年金手帳、年金証書、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、貯金通帳、医療受給者証等

マイナポイントの申込みについて

カードを取得したら、マイキーIDを設定してください。
マイキーIDを設定することで、マイナポイントを予約することができるようになります。

マイナポイントを申し込みましょうのチラシ画像。詳細はPDFをご確認ください。


マイナポイント申込方法説明チラシ(PDF 約178KB) 

マイキーID設定、マイナポイント予約支援実施窓口

人吉商工会議所(住所:人吉市南泉田町3-3)

要予約(電話番号:0966-22-3101)

参考

マイナンバーカードの交付について

マイナポイントについて(総務省)(外部リンク)

問合せ先

  • マイナンバーカードに関すること、マイキーIDに関すること
    市民課(市役所本庁舎1階)
  • マイナポイントに関すること、マイキーIDに関すること
    商工観光課(人吉市まち・ひと・しごと総合交流館内:旧国民宿舎)

 

 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

経済部 商工観光課 商工係
電話番号:0966-22-2111(内線2131)
ファクス番号:0966-32-8786この記事に関するお問い合わせ