ごあいさつ

更新日:2020年9月14日

松岡隼人 人吉市長写真 7月3日から4日未明にかけ、人吉球磨地域上空の線状降水帯から長時間降り続いた雨は、観測史上最多雨量を記録し、球磨川の水位も観測史上最高位を記録しました。

 その結果、過去最大の洪水被害と言われていた昭和40年7月洪水を上回る規模の水害に見舞われ市中心部が広範囲にわたり水没し、家屋や家財、農地などの私有財産や、道路、橋梁等公共インフラ施設などが甚大な被害を受けました。また、この豪雨で球磨川沿いを中心に20名の皆さまの尊い命が失われました。犠牲になられました皆さまに深く哀悼の意を表しますとともに、御遺族には謹んでお悔やみ申し上げます。そして、被災された全ての皆さまに、心からお見舞いを申し上げます。

 9月4日で発災から2箇月が経過いたしました。梅雨の時期から酷暑の時期へと移り変わる厳しい条件のもと、現在も、災害廃棄物や災害土砂の撤去等、復旧作業が続いており、現時点におきましても、約480名の方が市内5箇所の避難所において避難生活を余儀なくされています。このような状況にありながらも、市民の皆さま、国、県、民間団体や事業者の皆さま、そして県内各地のボランティアの皆さまの御協力を賜りまして、一歩一歩、着実に復旧が進んでいます。本市を御支援いただいている全ての皆さまに感謝を申し上げます。

 市内に多くの爪痕を残した今回の災害は、私たちの想像をはるかに超えるものであり、本格的な復旧・復興への道のりは長く、険しいものになるものと存じます。しかし、我々は市民の皆さまに安心してお過ごしいただくため、未曽有の災禍に対し、全力で立ち向かい、あらゆる知恵を結集し、市として最大限の努力を続け、施策を迅速に展開していきます。

 これからも、市民の皆さまの幸福向上のため、スピード感を持ってまちの復旧・復興を推し進めてまいりますので、引き続き御支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

人吉市長 松岡 隼人 サイン


お問い合わせ

企画政策部 企画課 秘書係
電話番号:0966-22-2111(内線2203)
ファクス番号:0966-24-7869この記事に関するお問い合わせ


  

カテゴリ内 他の記事