人吉市新市庁舎建設基本設計について

更新日:2017年7月13日

 平成29年7月12日付けで「人吉市新市庁舎建設基本設計」を発表しました。
 この基本設計は、平成29年4月に策定された人吉市新市庁舎建設基本計画を踏まえ、新市庁舎の建設に関する基本的な設計内容をとりまとめたものです。
 今後は、この基本設計に基づき、平成29年度中に人吉市新市庁舎建設実施設計をとりまとめていくこととしております。
 なお、この基本設計の内容については、平成29年7月20日(木)から市内各地で住民説明会を開催することとしています。
人吉市新市庁舎建設基本設計に関する校区説明会

1人吉市新市庁舎建設基本設計について

人吉市新市庁舎建設基本設計(PDF 約2MB)

2事業スケジュールについて(予定)

  1. 平成29年度:人吉市新市庁舎建設実施設計のとりまとめ
  2. 平成29年度:旧保健センター、旧勤労青少年ホームの解体工事
  3. 平成30年度:敷地内水路(公共下水道小永野第一雨水幹線)の付替工事
  4. 平成30年12月頃:人吉市新市庁舎建設工事の着工
  5. 平成32年 9月頃:人吉市新市庁舎建設工事の竣工
  6. 平成33年 4月頃:新庁舎供用開始

※以前の説明会等での説明では、平成32年10月頃の新庁舎供用開始を目標にしておりましたが、水路付替に係る一部暗渠化による法的手続きのため、新庁舎の供用開始目標を平成33年4月頃に変更いたしました。

3基本設計概算工事費について

  • 本体工事費 約45億円
  • 総事業費 約55億円

※事業費については、昨今の資材費・労務費の高騰や免震構造の採用、そして、消費税の8%から10%への増税を見込んで算出しています。
 また、財源については、災害復旧事業として国から手厚い支援が頂ける一般単独災害復旧事業債の適用を見込んでおります。
 なお、実施設計においては、今後の熊本地震による復興事業や東京オリンピックによる資材費、労務費の高騰にも対応できるように、事業費削減に取り組むこととしています。

 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

総務部 市庁舎建設推進室 庁舎建設係
電話番号:0966-22-2111(内線2151)
ファクス番号:0966-24-7869この記事に関するお問い合わせ