人吉市第3次定員適正化計画(平成24年度〜31年度)

更新日:2012年6月30日

市職員の「定員適正化」についてお知らせします

人吉市第3次定員適正化計画(平成24年度〜31年度)

今後8年間で職員数26人を削減します(削減率▲7.6%)

計画期間

平成24年度から31年度までの8年間

数値目標

平成23年4月1日現在の全職員数 342人(教育長含む)

→平成32年4月1日現在の全職員数 316人へ(▲26人、▲7.6%)

※中間目標:平成28年4月1日現在 332人(▲10人、▲2.9%)

1 定員適正化計画とは

県や市町村などの地方公共団体が、行財政改革の一環として、自主的に定員管理の数値目標を設定し、適正な定員管理の推進に取り組むための計画のことをいいます。

2 定員適正化計画の目的 〜「持続な可能な財政運営」のために〜

第5次人吉市総合計画(平成24年度〜平成31年度)に掲げる「持続可能財政運営」を実現するために、組織・人員のスリム化による人件費の削減と効率的で良質な住民サービスの提供という課題を同時に解決する必要があります。

3 定員適正化計画の内容

基本方針

ア 総務省「類似団体別職員数(修正値)」を指標として設定しています。

イ 第5次総合計画との整合性を図り、8年間の長期計画としています。

ウ 4年毎の中間目標により厳正な目標管理を行っていきます。

エ 適正化期間中においても職員の新規採用は継続していきます。

オ 社会経済状況や公務員制度改革の動向など変化に対応した柔軟な計画の見直しを行います。

計画期間

基準年月日

平成23年4月1日

目標年月日

前期(中間):平成28年4月1日

後期(最終):平成32年4月1日

計画期間

前期計画:(平成24年度から平成27年度までの4年間)

後期計画:(平成28年度から平成31年度までの4年間)計8年間

※平成27年度において、後期計画の見直しを実施。

数値目標

◆普通会計職員数…A

 平成23→平成28(前期:中間目標)

 平成23年 292人→ 平成28年 282人(▲10人)【削減率】▲3.4%

 平成23→平成32(後期:最終目標)

 平成23年 292人→ 平成32年 266人(▲26人)【削減率】▲8.9%

◆公営企業等会計…B

 平成23→平成28(前期:中間目標)

 平成23年 50人→ 平成28年 50人( 0人)【削減率】 0.0%

 H23→H32(後期:最終目標)

 平成23年 50人→ 平成32年 50人( 0人)【削減率】 0.0%

◆全職員合計…A+B

 平成23→平成28(前期:中間目標)

 平成23年 342人→ 平成28年 332人(▲10人)【削減率】▲2.9%

 平成23→平成32(後期:最終目標)

 平成23年 342人→ 平成32年 316人(▲26人)【削減率】▲7.6%

※後期目標(最終)の普通会計職員数は、平成22.4.1現在の「類似団体(修正値)」が指標である。

※「公営企業等会計」…水道、下水道、その他(国保・介護・後期高齢)

4 定員適正化へ向けた取組

  1. 人材育成の推進と組織マネジメント能力の向上
  2. 組織機構・人員配置の見直し
  3. 業務の改善と見直し(スクラップ&ビルドの徹底)
  4. アウトソーシングの推進(指定管理者の導入、民間への業務委託)
  5. 任期付職員、再任用職員、非常勤職員(嘱託職員)の活用

詳しい内容については、下の「ダウンロード」のPDFファイルをご覧ください。

ダウンロード


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

総務部 総務課 職員係
電話番号:0966-22-2111(内線2111)
ファクス番号:0966-24-7869この記事に関するお問い合わせ