【平成31年4月1日改正】人吉市の介護予防・日常生活支援総合事業について

更新日:2018年2月22日

 介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)とは

介護保険制度改正に伴い、介護予防給付として全国共通の基準により提供されている、要支援1・2の方の「介護予防訪問介護」と「介護予防通所介護」が、市町村が行う、地域支援事業(※1)の「介護予防・日常生活支援総合事業(以下、総合事業と呼びます)」に移行されました。

総合事業では、高齢者の皆さんが住み慣れた地域で要介護状態になることを予防し、自立した日常生活を継続できるように、地域の実情に合わせたさまざまなサービス提供体制の構築や地域づくりの取り組みがお住まいの市町村ごとに実施されます。

 地域支援事業とは

地域支援事業とは、介護給付・予防給付とは別に、高齢者が要介護状態になることを予防し、住み慣れた地域でできるだけ自立した生活が送れるように、お住まいの市町村が実施する事業です

総合事業で提供されるサービス

総合事業では、以下のサービスが実施されます。利用単位や内容は、市町村ごとに異なります。

  • 訪問型サービス 
  • 通所型サービス 
  • 生活支援サービス
  • 介護予防支援事業(ケアマネジメント)
  • 一般介護予防事業

総合事業の利用対象者

  • 要支援認定を受けている方
  • 要支援認定は受けていない方で、市が事業対象者と認める方

   ※ただし、一般介護予防事業は65歳以上の全ての方が対象です※

総合事業の開始時期

 人吉市では、平成29年4月から総合事業を開始しました。

 ※人吉市総合事業では、平成31年3月31日をもって国基準相当サービス(通所・訪問ともに)を終了します。サービスA、B、C等の事業はH31年4月1日以降も継続(一部改正あり)します。

 総合事業ご案内パンフレット

通所型サービス
訪問型サービス

総合事業に関する資料

事業者向け人吉市説明会資料

事業者向け説明会資料です。随時掲載を行いますので確認をお願いします。
質問については質問票にてお願いいたします。
※指定手続きについては、下記に別途掲載しています。

(総合事業に関する国ガイドライン)
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000074126.html

総合事業の指定申請手続き

総合事業の事業所指定の手続書類については、下記からダウンロードいただき、事業開始月の2か月前の末日までに市高齢者支援課へ提出をお願いします。

新総合事業の指定を申請するとき

 (介護保険法第115条の45の5第1項及び第115条の45の6の規定による申請)

事業を廃止、休止、再開するとき

※休止した事業を再開するときは、再開する10日以前に届出をお願いします。

指定に係る申請事項に変更があったとき

※指定に係る申請事項に変更があったときは、変更後10日以内に届出をお願いします。

総合事業サービスコード

人吉市の総合事業サービスコード表は下記のとおりです

        お知らせ

  • 平成31年4月1日改正に対応した「サービスコード表」及び「総合事業単位数表マスタ」を掲載しましたので、既にダウンロードされている事業所は、お手数ですが再度ダウンロードをお願いします。 ※平成31年4月16日、旧コード終了分含むCSVを追加しました。
PDF
CSV(事業所システム取り込み用)

 

各種様式

運営規程

総合事業を実施する場合、運営規程の作成が必要です。下記に参考例をお示しします。(あくまで例示です。各事業所の運営規程の状況に応じて引用をお願いします。)

    契約書・契約書別紙(重要事項説明書)  

総合事業の指定事業者による各サービスを提供する場合、契約書・契約書別紙(重要事項説明書)の作成が必要です。

下記に参考例をお示しします。
(あくまで例示です。各事業所で使用されている契約書・重要事項説明書と照らして引用をお願いします。)

総合事業費(サービス費)の請求書・請求明細書

給付管理を行う総合事業のサービス費については、国保連合会を通して実施事業所へお支払いします(給付事業サービス費の扱いと同じです)。

総合事業費(介護予防ケアマネジメント費)について

 

国保連合会を通した支払いとなるため、介護予防ケアマネジメント費に関する市への請求書、実績報告書の提出は不要です。
「介護予防支援費」の支払いと同じく、サービス提供月の翌々月に国保連から支払われます。   

在宅実施状況確認表(介護予防手帳)について

人吉市の総合事業では、利用者が自宅でも日々の取組みを継続して行い、介護予防の効果をより向上させることを目的として、「在宅実施状況確認表」の取組みを通所型サービス実施基準に入れております。

「在宅実施状況確認表」とは、ご利用者が自宅で毎日続ける運動や日課を決め、自宅での実施→記録→サービス提供日に事業所スタッフによる確認、を続けるものです。継続することで介護予防の定着へつなぎます。

事業所スタッフによる確認や声かけは、ご利用者が介護予防継続していくうえでとても大切なポイントとなります。ご協力をよろしくお願いします。

興味関心チェックシート・基本チェックリスト

総合事業のマネジメントにおいて新たに盛り込まれたシートです。

介護職員処遇改善加算等届出様式

  関係書類の提出をお願いします。加算新規取得、変更については体制届の提出も併せてお願いします。  

  ※関係書類はこちらから→ 介護職員処遇改善加算の提出等について(平成31年度)

  また、毎年7月末までに前年度分の実績報告書の提出をお願いします。

  ※平成29年度実績報告はこちらから→【重要】平成29年度介護職員処遇改善加算の実績報告について

介護予防・日常生活支援総合事業の指定事業所一覧

人吉市が指定する事業所は次のとおりです。(平成30年8月1日現在)

※訪問型・通所型サービス(国基準相当)の指定有効期限は平成36年3月31日としていましたが、平成31年3月31日で廃止しますので、有効期限は「平成31年3月31日」で終了します。

介護予防・日常生活支援総合事業に関する規則

総合事業に関するQ&A・事例集

総合事業に関するQ&Aと事例集を掲載します。随時掲載します。

 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

健康福祉部 高齢者支援課 介護保険係
電話番号:0966-22-2111(内線1237)
ファクス番号:0966-24-9536この記事に関するお問い合わせ