きらきら ささえあいプラン

更新日:2010年3月4日

障害者基本法に基づき、本市の障害に関する施策の基本的方向性を定める計画「きらきら ささえあいプラン」を策定しました。

計画の概要

1 わたしたちがめざす将来像

「みとめあい ささえあい ともに笑顔で生きるまち ひとよし」
私たちは、障害を正しく理解し、支援する人と必要とする人を結び、気軽に声かけあい、笑顔で、ともに生きるまちづくりを積極的にすすめます。

2 計画策定の目的

  • ノーマライゼーション社会の実現
  • 市民が主体となった福祉社会の実現
  • 地域の実情に合った施策の推進
  • 厳しい経済・財政状況の中、効率的かつ効果的な施策の推進

3 計画の位置付け

  1. 障害者基本法に基づく基本計画です。
  2. 本市の障害福祉施策の基本的方向性を示します。
  3. 総合計画の部門別計画として、障害福祉の具体的な施策を明らかにします。
  4. 障害を持つ人の主体性の確保と、社会参加に必要な施策を示します。
  5. 市民や各種団体、企業などの主体的かつ積極的な福祉活動の指針となります。

4 計画の期間

平成20年度から平成29年度までの10年間とします。
ただし、中間となる平成24年度に、具体的な施策を中心に見直しを行います。
また、状況の変化に応じ、適宜見直しを行います。

6 基本理念

「ノーマライゼーション」と「リハビリテーション」

7 基本的な視点

  • ライフステージに沿った支援
  • 主体性の尊重と自立支援
  • 市民主体の暮らしやすいまちづくり

8 重点的な課題

  • 早期発見・早期療育
  • 総合的な支援体制・ネットワークの構築
  • 物心両面にわたるバリアフリーの推進
  • 身近なところで支えあう地域福祉社会の実現

9 施策の体系

施策の体系の図:内容は、次の項目「計画の閲覧」でダウンロードできる資料内にある。


 


 

 計画の閲覧(ダウンロード)   

閲覧には、PDFファイルの閲覧ソフトが必要です。

※ファイルサイズが大変大きいため、時間がかかりますのでご了承ください。

※印刷する場合は、両面印刷にするときれいに製本できます。

 

パブリックコメントの結果 

皆さまからご意見を募集しました結果は、次のとおりです。

1 目的

本市の障害福祉施策の方向性を示す本計画について、広く市民の意見を求め、本計画の実効性を確保するとともに、障害福祉の向上に寄与することを目的として実施しました。

2 対象者

本市民。(障害者自立支援法における住所地特例の該当者も含む。)

3 閲覧期間

平成19年10月15日(月)から平成19年10月26日(金)までの12日間

4 閲覧場所

市役所(介護障害課)、保健センター、各校区コミュニティーセンター、総合福祉センター、
市内障害福祉施設(けやきホーム・翠・うぐいす荘・希望が丘学園・白いキャンバス・スイスイなかま)
精神科医療機関(吉田病院・光生病院) 

※人吉市ホームページでも公開

5 提出された意見の公表

提出いただいた意見は、要約しております。
類似のご意見は集約し、件数を記載しております。
公表は、閲覧場所と同じ場所でも行います。

6 結果

応募総数:54件(有効:29件、自由意見:16件、無効:9件)

※ただし、同一人が複数応募した場合も、それぞれ1件といたしました。
 

有効としたものの内訳
表:有効としたものの内訳一覧
項目件数
障害に関する手帳所持者数1件
(4)学校(特別支援)教育との連携2件
(5)雇用・就労支援の充実1件
(8)相談支援体制の充実1件
(9)情報提供・共有化の推進1件
(12)保健・医療との連携1件
(13)理解の促進4件
(15)ボランティアの育成3件
(17)住居・都市環境の整備10件
(18)移動支援・交通体系の整備4件
(19)災害など緊急時の支援1件
ダウンロードファイル

有効としたものの一覧


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

健康福祉部 福祉課 障がい者支援係
電話番号:0966-22-2111(内線1143)
ファクス番号:0966-24-9536この記事に関するお問い合わせ