交通死亡事故が多発しています! 交通ルールを順守しましょう!

更新日:2019年2月13日

  熊本県下では、今年になってから1月30日から2月5日までのわずか7日間で、交通死亡事故が5件も発生し、5名の方がお亡くなりになり、危機的な状況となっています。

 人吉市内でも、1月16日の昼間に、瓦屋町の通称「農免道路」沿いで、高齢者の方が大型バスにひかれてお亡くなりになる交通死亡事故が起きたばかりです。

 県下での5件および人吉市内での交通死亡事故の注意点として、

  ・高齢者が事故被害者(人吉市の場合は89歳の女性)

   ・道路横断中の事故(人吉市の場合も同様)

 以上の2点があげられます。ドライバー、歩行者、それぞれ以下の点に注意しましょう。

ドライバーの方へ

・速度は控えめに、前後左右の安全を十分に確認しましょう!

・前照灯の早めの点灯、および対向車がいないときの上向き点灯を徹底し、歩行者・自転車などの早期発見に

 努めましょう!

・時間に余裕のある運転を心がけ、無理な運転をせず、適度に休憩を取りましょう!

・信号機のない横断歩道へ接近する際は減速する義務があります。また、横断中、横断しようとする歩行者を

 見つけたら、停止線ですみやかに停止しましょう!

・シートベルトとチャイルドシートの着用を徹底しましょう!

・飲酒運転をしない、させないようにしましょう!

 

歩行者の方へ

・横断をする前に、左右の確認を必ず行い、無理な横断は避けましょう!

・車の直前、直後の横断は大変危険です。横断中の左からくる車にも十分注意しましょう!

・夕暮れ時・夜間・濃霧の中での外出時には、反射材の着用、もしくは明るい色の服を着用しましょう!  
 


お問い合わせ

総務部 防災安全課 防災安全係
電話番号:0966-22-2111(内線3371)
ファクス番号:0966-24-7869この記事に関するお問い合わせ