プラネタリウムのご案内

更新日:2021年4月1日

「プラネタリウム」について

 雨の日でも昼間でも星空を作り出し、星々や星座の不思議に触れることができる場所……それがプラネタリウムです。

 カルチャーパレスのプラネタリウムでは、ナレーションや音楽に乗り、映し出された星空や星座などの映像でさまざまな謎や古くからの伝説などのお話をご紹介します。

 当館のプラネタリウム投影機は、ミノルタ(現コニカミノルタ)製MS-10AT(M)で、昭和59年(1984年)開館以来36年間、たくさんの方々に星空の魅力を届けてきました。

今なお美しい星空を再現し、心休まるひと時を与えてくれます。

 昭和41年(1966年)から平成6年(1994年)まで57台生産された機械で、10メートルクラスのドームに肉眼で見える6等星まで約6,000個の恒星を映し出します。

プログラムのご案内

春の星座解説 (約20分)
4月・5月のDVD「浦島太郎の物語〜時間旅行のふしぎ〜」 (約30分)

  現代に迷いこんだ浦島太郎を巡って、宇宙旅行における「ウラシマ効果」を考えます。

ただならぬ様子の浦島太郎に出会った武志は、戸惑いながらも彼を自分の家に連れて行きます。

夜、星を見ていると、武志の頭にある考えが。

「竜宮城とは本当はどこかにある星で、浦島太郎は宇宙旅行をしてきたのでは?」

そう考えた武志は、天文クラブの大竹先生に相談します。

高速に近いスピードで宇宙旅行をすれば可能性があるらしいが、はたして…?

 

※時間は約50分です。(星座解説+DVD)

※季節によってプログラム内容は変わります。

 

4月の星空

 春うららかな季節となりました。春の空気を感じながら4月の夜空を楽しみましょう。

 4月17日夜半前の西天で、明るい火星と月の大接近する様子は、月没直前ながら肉眼でも楽しめます。この接近は、東南アジア方面で見られる火星食(月の背後に火星が隠される現象)に関連するもので、日本国内では、火星が月に隠される様子は見られませんが、長時間見ていると月と火星の間隔が変わる様子や天体の動きを実感できます。注目して見てください。

 

★春の大曲線★

 北斗七星のひしゃくの柄のカーブを南の方へ伸ばしていくと、うしかい座のアルクトゥルス(1等星)、さらに伸ばしていくと、おとめ座のスピカ(1等星)が見つかります。さらに伸ばすと、4つの3等星が台形に並んだ、からす座へとたどり着きます。北斗七星からからす座までのカーブを「春の大曲線」といいます。

★春の大三角★

 しし座のデネボラ(2等星)、おとめ座のスピカ(1等星)、うしかい座のアルクトゥルス(1等星)をつないでできる三角形。

★ししの大がま★

 しし座の頭から胸にかけて?(はてな)マークを裏返した形をしていて、その形が草刈りの鎌に似ていることから「ししの大がま」と呼ばれています。胸のところで明るく光っているのがレグルス(1等星)です。 

★4月こと座流星群★

 こと座は夏の星座のイメージですが、4月後半には夜更けの北東の空高くに昇ってきています。

突発的な出現も見られたことがあるため、少々の月明かりがあっても見る価値は大いにあります。

 極大・・・・4月22日 21時ごろ ※大きな月が午前2時過ぎに西へ沈んだ後から夜明けまでが好条件。

 活動期間・・4月15日から25日ごろ

 

2021年4月の星空(PDF 約74KB)

投影のご案内

表:投影のご案内
種別投影曜日時間
一般投影日曜日・祝日午前11時と午後2時
 団体投影休館日を除く平日午前9時から午後4時(予約が必要ですのでご相談ください)

【休館日】……月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、年末年始 (12月29日から1月3日)

  • 入場10分前までに、コミュニティー棟1階受付にて観覧チケットをお買い求めください。
  • 番組途中での入場はできませんのでご注意ください。

 

お客様へのお願い
  • マスクの着用、入館前の検温、備え付けのアルコールでの手指消毒や手洗いの徹底をお願いします。
  • 平熱と比べて高い熱がある場合や咳、味覚・嗅覚障害等の症状があるなど体調が優れない方の観覧はご遠慮ください。

  皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

プラネタリウム投影日程表【4月】
日曜日   月曜日    火曜日     水曜日   木曜日   金曜日    土曜日  
    

 1

 

 2

 

 3

 

 4

投影予定日

 5

休館日

 6

 

 7

 

 8

 

 9

 

 10

 

 11

投影予定日

 12

休館日

 13

 

 14

 

 15

 

 16

 

 17 

 

 18

投影予定日

 19

休館日

 20

 

 21 

 

 22

 

 23

 

 24

 

 25

投影予定日

 26

休館日

 27

 

 28

 

 29

投影予定日

 30 

 

 

 

 投影日変更のお知らせ

 プラネタリウムの投影日を、令和2年4月から変更しております。

(変更前)

令和元年度(令和2年3月31日)まで  火曜日・木曜日・・・・・・午後2時から

                  土曜日・日曜日・祝日・・・午前11時から、午後2時から

(変更後)

令和2年度(令和2年4月1日)から   日曜日・祝日・・・・・・・午前11時から、午後2時から

団体投影について

 プラネタリウムでは、休館日を除く平日のみ団体投影を行っています。観覧料金は通常料金と同じです。身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方とその方の介護をされる方(お1人のみ)と障害者の福祉の向上を目的とする団体、施設に対する減免制度がございます。なお、予約が必要ですので、団体にて観覧希望の方はカルチャーパレスまでお問い合わせください。

投影時間・定員・場所
  • 投影時間 30分から50分間
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、定員 96名を当面の間は24名とします。
  • 場所 カルチャーパレス3階プラネタリウム室

今後も、国や県の方針を見ながら適宜見直しますので、詳しい状況はカルチャーパレスまでお問い合わせください。

観覧料 ※消費税を含みます。
  • 大人・高校生  220円
  • 小学生・中学生 110円
  • 幼児 無料

※身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方とその方の介護をされる方(お1人のみ)上記料金の半額となります。チケットをお求めの際に、係員に各種手帳をお見せください。

 

関連情報

プラネタリウム内部の写真



 

プラネタリウム外観写真



 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

総務部 行財政改革課 施設マネジメント係
電話番号:0966-22-2111(内線6702) 
ファクス番号:0966-24-3519この記事に関するお問い合わせ