人吉市飼料・燃料等価格高騰対策農家支援補助金申請期間の延長について

更新日:2023年2月8日

 人吉市飼料・燃料等価格高騰対策農家支援補助金の申請期間を令和4年12月5日(月)から令和5年1月27日(金)までとしておりましたが、申請状況の結果から令和5年3月3日(金)まで申請期間を延長します。

 この補助金は、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う飼料・燃料等の価格高騰により経費が増加し、営農を継続する農業者の負担軽減を図ることを目的とし、予算の範囲内で交付するものです

1 対象者

  1. 個人:本市に居住し、本市の住民基本台帳に記録されている者。
  2. 法人:本市に事業所又は農場を所有する法人。
  3. 農業を営み、販売している個人又は法人で、農業経費として、令和4年1月から令和4年12月までの間に種苗費、肥料費、飼料費、農薬衛生費、諸材料費、動力光熱費を合計で5万円以上支出している個人又は10万円以上支出している法人。
  4. 個人・法人ともに市税を滞納していないこと。

農畜産物を販売していない自給農家及び家庭菜園は補助金の交付対象としません。

個人については、家族経営や共同経営等の複数人による営農形態の場合は1経営体とし、代表者1人のみを補助金交付の対象者とし、法人においても、市内に複数の事業所又は農場を有している場合は1経営体とします。

2 補助額

  1. 個人は1経営体当たり5万円を交付し、法人は1法人当たり10万円を交付します。
  2. 畜産農家にあっては、畜種に応じて次に定める額を上乗せして交付しますが、複数の畜種を飼養している場合は、いずれか高い額を上乗せして交付します。
  • 乳用牛は飼養1頭当たり1万円、上限20万円。(20頭を上限)
  • 肉用牛は飼養1頭当たり1万円、上限20万円。(20頭を上限)
  • 養豚は飼養1頭当たり2千円、上限20万円。(100頭を上限)
  • 養鶏は飼養1羽当たり百円、上限20万円。(2,000羽を上限)

飼養数は、令和4年2月1日現在の熊本県畜産統計調査の数としますが、飼養数が確認できない畜産農家にあっては、現地確認等により飼養数を確認します。

3 申請書類

  1. 本人確認書類の写し
    ・個人:運転免許証、保険証など。
    ・法人:発行から3か月以内の登記事項証明書。
  2. 令和4年1月から令和4年12月までの間における販売及び購買に係る書類の写し
    ・販売の場合:農業に係る販売、生産、出荷等が分かる書類(販売伝票、生産伝票、出荷伝票など)
     の写し
    ・購買の場合:農業経費(種苗費、肥料費、飼料費、農薬衛生費、諸材料費、動力光熱費)が分かる
     書類(購買伝票や領収証など)の写し
  3. 交付申請書兼請求書(印鑑(認め印で可、シャチハタは不可)が必要です。様式は窓口にも準備します。)
    (様式第1号)交付申請書兼請求書(PDF 約64KB)
  4. 誓約書(様式は窓口にも準備します。)
    (様式第2号)誓約書(PDF 約22KB)
  5. 滞納なし証明書:市税務課窓口(市役所1階3番窓口)で有料(1通につき300円)で取得できます。
  6. 申請者名義の通帳の写し(口座名義・口座番号の分かるページの写し)

4 申請受付期間

   令和4年12月5日(月曜日)から令和5年3月3日(金曜日)までの平日(土曜日、日曜日、祝日を除く)

   午前・・・午前8時30分から正午まで
   午後・・・午後1時から午後5時15分まで

5 申請会場

   申請会場は設けておりませんので、市農業振興課窓口(市役所2階5番窓口)へ直接お越しください。


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

経済部 農業振興課 農政係
電話番号:0966-22-2111(内線2111・2112・2113)
ファクス番号:0966-24-7869この記事に関するお問い合わせ