プラネタリウムのご案内

更新日:2020年7月1日

「プラネタリウム」について     

 雨の日でも昼間でも星空を作り出し、星々や星座の不思議に触れることができる場所……それがプラネタリウムです。

 カルチャーパレスのプラネタリウムでは、ナレーションや音楽に乗り、映し出された星空や星座などの映像でさまざまな謎や古くからの伝説などのお話をご紹介します。

 当館のプラネタリウム投影機は、ミノルタ(現コニカミノルタ)製MS-10AT(M)で昭和59年から現在も稼働しています。残念ながら、「プラ"レア"リウム33個所巡り(2015〜2018年にかけて、日本中の"レア"なプラネタリウムを巡ろうというもの)」には選ばれませんでしたが、MS-10AT(M)が映し出す味のある星空をぜひご覧ください。

 

※新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点からプラネタリウムの休止をしておりましたが、6月3日(水)より利用者の人数制限を設けたところで再開いたします。

 利用者の皆さまには御理解・御協力いただきありがとうございました。

 詳しくは下記の「カルチャーパレス ホール及びプラネタリウムの利用再開について」をご覧ください。

 ⇒カルチャーパレス ホール及びプラネタリウムの再開について 

プログラムのご案内 

 夏の星座解説 (約15分)  
 7月のDVD「学校の七不思議〜星空のミステリーゾーンへ〜」 (約30分)

  剛、光男、まなみの三人は学校の七不思議を調べるために、夜の小学校に忍び込んだ。         そこで望遠鏡を持ち出して星を見ようとしていた校長先生と出会う。                   驚いた3人だったが、校長先生と打ち解け、そのうち七不思議の世界に迷い込んでしまった。

 七不思議の世界は戦時中の小学校。                                 何とかして、元の世界に戻る手がかりを探しているうちに空襲警報のサイレンが!              果たして3人は無事、元の世界に戻ることが出来るのか・・・?

 

※時間は約45分です。(星座解説+DVD)

※季節によってプログラム内容は変わります。

 

7月の星空

 今年の夏は夜空が賑やかです。梅雨の合間の晴れた日は夏の夜空を楽しんでみましょう!! 

 

 ★夏の大三角★

 真南に向かって立ち、頭の真上を見上げると、うっすらと白く輝く天の川の中に、明るい3つの一等星が大きな三角形に並んでいるのを見つけることができます。こと座のベガ・はくちょう座のデネブ・わし座のアルタイルで作る”夏の大三角”です。7月7日、1年に1度だけ七夕の夜に天の川をはさんで会うことができる”七夕伝説”はおりひめ星(ベガ)、ひこ星(アルタイル)として日本でも有名ですね。今年は会えると良いですね。(^_-)-☆

 

★アンタレス★

 天の川に沿って南の低いところに目を向けると、魚のつり針のようにS字に並んださそり座が横たわっています。さそりの心臓にあたる1等星”アンタレス”は、直径が太陽の700倍以上もある赤色超巨星(せきしょくちょうきょせい)と呼ばれる星で、星の一生の最後に近づいている星と言われています。火星のように赤く輝いているので「火星に張り合うもの」という意味があります。日本でも赤星や酒酔い星という別名を持っていますよ☆

 

★地球に最も接近する木星と土星★

 南の空低く、ひときわ明るく輝く木星と土星の素晴らしい輝きに注目です。

7月14日には木星が、7月21日には土星が衝(しょう)を迎えます。地球との距離も最も縮まるので観望には好条件です。

※衝とは、地球より太陽から遠い外惑星のみの現象で、地球から見て太陽と反対の方向にあって、ほぼ一晩中観察できます。

 

★金星が最大光度★

 7月に入ると、日の出前の明るくなり始めた東の空に、明るく輝く”明けの明星”の金星が、7月10日に-4.5等の最大光度になります。これは、1等星の100倍以上の明るさです。

日の出後も青空の中に光って見えますので、太陽光を避けるようにして注目してくださいね。(^_-)-☆

 

★極大をむかえる流星群★

・みずがめ座δ流星群の南群と北群・・・7月30日 流星数はあまり多くないものの、あんがいにぎやかに飛ぶ

 のが楽しめるようです。みずがめ座は明るい星の少ない星座ですが、今年の夏は明るい木星と土星が近くに

 るので、そこを目印に探してみてください。

・やぎ座α流星群・・・・・・・・・・・7月30日 明るい火球めいたものが含まれることがあるようです。

 2020年7月の星空(PDF 約74KB)

投影のご案内について
 
 種別   投影曜日  投影回数    時間 
 一般投影日曜日・祝日 2回 午前11時と午後2時
 団体投影休館日を除く平日のみ   予約が必要ですので、ご相談ください。 

※ 一般投影/団体投影ともに、休館日にはお休みさせていただきますので、ご了承ください。
 【休館日】……月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、年末年始 (12月29日〜1月3日)

  • 入場10分前までに、コミュニティー棟1階受付にて観覧チケットをお買い求めください。
  • 番組途中での入場はできませんのでご注意ください。
プラネタリウム投影日程表【7月】

日 

火 
    

1

 

 2

 

 3

 

4

  

 5

 6 

 

 7

 

 8 

 

 9

 

 10

 

 11

 

12 

 13

 

 14

 

 15

 

16 

 

 17

 

 18 

 

19 

 20

 

 21

 

 22

 

 23

 24

 25

 

26

 〇 

 27

 

28 

 

29 

 

30

 

31 

 

 

 

※投影予定日は「〇」のところです。

 

 投影日変更のお知らせ

 プラネタリウムの投影日が令和2年4月から変更になります。

(変更前)

令和元年度(令和2年3月31日)まで  火・木・・・午後2時〜

                  土・日・祝日・・・午前11時〜、午後2時〜

(変更後)

令和2年度(令和2年4月1日)から   日・祝日・・・午前11時〜、午後2時〜

団体投影について

 プラネタリウムでは、休館日を除く平日のみ団体投影を行っています。観覧料金は通常料金と同じです。身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方とその方の介護をされる方(お1人のみ)と障害者の福祉の向上を目的とする団体、施設に対する減免制度がございます。なお、予約が必要ですので、団体にて観覧希望の方はカルチャーパレスまでお問い合わせください。

 

投影時間・定員・場所
  • 投影時間 30〜50分間
  • 定員 96名ですが、7月9日(木)まで、当面の間は18名。

   以降においても当面の間、国や県の方針を見ながら適宜見直しますので詳しい状況はカルチャーパレス  

   までお問い合わせください。

  • 場所 カルチャーパレス3階プラネタリウム室

 

観覧料 ※消費税を含みます。
  • 大人・高校生 220円
  • 小・中学生 110円
  • 幼児 無料

 ※身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方とその方の介護をされる方(お1人のみ)

  は、上記料金の半額となります。チケットをお求めの際に、係員に各種手帳をお見せください。

 

関連情報

プラネタリウム内部


プラネタリウム



 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

総務部 行財政改革課 施設マネジメント係
電話番号:0966-22-2111(内線6702) 
ファクス番号:0966-24-3519この記事に関するお問い合わせ