プラネタリウムのご案内

更新日:2018年6月27日

「プラネタリウム」について   

 雨の日でも昼間でも星空を作り出し、星々や星座の不思議に触れることができる場所…それがプラネタリウムです。
  カルチャーパレスのプラネタリウムでは、ナレーションや音楽に乗り、映し出された星空や星座などの映像でさまざまな謎や古くからの伝説などのお話をご紹介します。

プログラムのご案内について 

夏の星座解説(約15分)
DVD上映 「学校の七不思議〜星空のミステリーゾーンへ〜」

 剛、光男、まなみの3人は学校の七不思議を調べるために夜の小学校に忍び込んだ。そこで望遠鏡を持ち出して星を見ようとしていた校長先生と出会う。驚いた3人だったが、校長先生と打ち解け、星や七不思議の話を教えてもらう。しかしその後、3人はなんと七不思議の世界に迷いこんでしまった。

 七不思議の世界は戦時中の小学校。何とかして、元の世界に戻る手がかりを探しているうちに空襲警報のサイレンが!果たして3人は無事、元の世界に戻ることができるのか・・・・。(時間約30分)              
 

7月の星空について 

  7月の夜空には、こと座・わし座・はくちょう座・さそり座・いて座など夏を代表する星座が輝いています。今回は、7月に起こる今年注目の天文現象をご紹介します。

 28日の明け方に、皆既月食のまま、満月が西の地平線へ沈んでしまう、月入帯食が起こります。夜明け前の少し明るくなった空で、皆既の月がどんなふうに見えるのか楽しみです。

 31日は、火星大接近です。明るさも木星(-2等)より明るくなります。火星は、2年2カ月ごとに地球との接近を繰り返し、15〜17年に1度、大接近となる惑星です。6月下旬から9月上旬頃までは、‐2等を超え、観測しやすい時期が続きます。今年の夏は、赤い星・火星に注目です!

 

〜等級(等星)について〜

等級(等星)は明るさを表す単位で、数字が小さいほど明るい星となります。

太陽は-26.7等級、満月は-12.7等級です。  

夏の1等星で有名なのが、ベガ(こと座)アルタイル(わし座)・デネブ(はくちょう座)で、この三つををつなげると、夏の大三角になります。 

 

投影のご案内について

<投影日時>
 種別 投影曜日 投影回数 時間 
 一般投影火曜日・木曜日 1回 午後2時 
 一般投影土曜日・日曜日・祝日2回午前11時と午後2時
 団体投影平日で、上記外の時間帯  要予約 ご相談ください。 

※一般投影/団体投影ともに、休館日にはお休みさせていただきますので、ご了承ください。
【休館日】……月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、12/29〜1/3                        なお、6月5日(火)は番組入替作業のため投影を中止します。

  • 入場10分前までに、コミュニティー棟1階受付にて観覧チケットをお買い求め下さい。
  • 番組途中での入場はできませんのでご注意ください。
団体投影について

プラネタリウムでは、一般投影のない時間帯に団体投影を行っています。                 観覧料金は通常料金と同じですが、人吉球磨地域内の福祉施設の団体投影に対する減免制度がございます。  詳しくはお問い合わせ下さい。

投影時間・定員・場所
  • 投影時間 30〜50分間
  • 定員 98名
  • 場所 カルチャーパレス三階プラネタリウム室
観覧料 ※消費税を含みます。
  • 大人・高校生 210円
  • 小・中学生 100円
  • 幼児 無料

 ※身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方とその方の介護をされる方(お一人のみ)は、上記料金の半額となります。
  チケットをお求めの際に、係員に各種手帳をお見せ下さい。

関連情報

プラネタリウム



 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

総務部 契約管財課 カルチャーパレス管理係
電話番号:0966-24-3311
ファクス番号:0966-24-3519この記事に関するお問い合わせ