ブロック塀の安全性を確保しましょう

更新日:2018年7月5日

ブロック塀は、プライバシーの確保や防犯等の役割を持っていますが、地震時に人命を脅かす凶器となる可能性があります。ブロック塀は私的財産であり、所有者の責任における管理が必要です。今一度、所有されているブロック塀についてご確認をお願いします。

一般的なブロック塀は、建築基準法施行令第62条の8や平成12年建設省告示第1355号で基準が設けられています。ご自宅のブロック塀が被害を出さないためにも、まずは、高すぎないか、控え壁はあるか、傾きやひび割れ等の劣化はないか等、ブロック塀の点検のチェックポイントを利用し、自己点検を行い、安全なブロック塀をつくるように心がけましょう。

参考ダウンロードファイル

 

点検の結果、危険性が確認された場合は、付近通行者への速やかな注意表示をお願いします。

また、補修や撤去等も必要となりますので、専門家にご相談ください。

 

詳しい内容の確認・問い合わせについては下記の外部リンクをご参照ください。

 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

復興建設部 住宅政策課 建築係
電話番号:0966-22-2111(内線2234・2235・2236)
ファクス番号:0966-24-7869この記事に関するお問い合わせ