自転車保険への加入義務化について【令和3年10月1日から】

更新日:2021年7月21日

熊本県では、令和3年10月1日から自転車保険への加入が義務化されます。

ご自身の加入している保険や、自転車について確認をしましょう。

自転車保険加入義務化(表)のポスター画像。2021年10月1日 自電車保険加入 義務化。みんなの安全・安心 条例内容をシェアしよう。熊本県では条例を改正し、自転車損害賠償保険等 自転車利用中の事故で、他人の生命又は身体に生じた損害を賠償する保険への加入が義務になります。自転車の安全利用に努めるとともに、声をかけあって意識を高めましょう。自転車利用、自転車損害保険等に加入しなければなりません。保護者、未成年のお子様が自転車を利用するときは、自転車損害賠償保険等に加入しなければなりません。加害者になってしまうと、1億円に迫る高額な賠償金が生じることも、9521万円 歩行者後遺障害 女性62歳 小学生による無灯火 神戸地裁 平成25年7月判決。9266万円 自転車運転者後遺障害 男性24歳 高校生による通行違反 東京地裁 平成20年6月判決。6779万円 歩行者死亡 女性38歳 男性による交差点通行時の衝突 東京地裁 平成15年9月判決。


自転車保険加入義務化(裏)のポスター画像。「自転車損害賠償保険等」へ加入しているか確認しましょう、自転車運転中の賠償責任を保証する保険には以下の種類があります。保険の種類、自転車利用中の事故により生じた賠償責任(生命・身体及び物への損害)を補償する保険、下記1から7の保険・共済に加入しており、「個人賠償責任保険」※1 が付帯されているか確認しましょう。1.「自転車保険」等の名称で販売されている保険、2.自動車保険(特約)、3.火災保険(特約)、4.傷害保険(特約)、5.クレジットカードなどの付帯保険、6.会社等の団体保険、7.PTA保険、※1.「日常生活賠償責任保険」などの名称も同様の保険です。※2.補償対象となる方(被保険者)及び補償内容は商品によって異なります。※3.事業活動中の事故は補償の対象外です。自転車運転中の事故で生じた他人の生命・身体への重大な損害を補償する制度、TSマークは、自転車安全整備店に勤務する自転車安全整備士が、点検確認した安全な自転車に貼るシールです。点検日から1年以内のTSマークが貼られた自転車の事故によって他人に死亡又は重度後遺障害を負わせたことによる法律上の賠償責任が補償されます。※TSマークの有効期間を過ぎた場合は、自転車安全整備店で点検確認を行いましょう。※TSマークの色によって、賠償責任の補償限度額が異なります(赤色1億円、青色1000万円)、加入状況の確認フロー、個人賠償責任保険に加入、あるいは自転車にTSマークが貼られていますか?貼られている場合、すでに「自転車保険」に加入しています。(保険期間が切れていないかご注意ください)、貼られているかわからない場合、上記1から7のいずれかの保険に加入しており、個人賠償責任特約が付帯されていますか?(保険証券等をご確認ください)、付帯されている場合、すでに「自転車保険」に加入しています。(保険期間が切れていないかご注意ください)、付帯されているかわからない場合、ご加入の保険会社・共済にお問合せください。(未加入の場合は保険への加入が必要です)、付帯されていない場合、「自転車損害賠償保険」等への加入が必要です、貼られていない場合、「自転車損害賠償保険」等への加入が必要です、※事業活動中の事故については、TSマーク付帯保険若しくは、施設賠償責任保険などへの加入が必要です。「自転車安全利用五則」を守りましょう。1.自転車は、車道が原則、歩道は例外、2.車道は左側を通行、3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行、4.安全ルールを守る、飲酒運転・二人乗り・並進の禁止、夜間はライトを点灯、交差点での信号遵守と一時停止・安全確認、5.子どもはヘルメットを着用、熊本県 環境生活部 くらしの安全推進課 電話番号096-333-2293 郵便番号862-8570 熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号(行政棟 新館 4階)、みんなの安全・安心 条例内容をシェアしよう、「熊本県 自転車条例」で検索


自転車損害賠償保険等への加入状況を確認しましょうの画像。自転車運転中の損害賠償(生命・身体及び物への損害)を補償する保険。ご確認いただく保険・共済 1.自転車保険等の名称で販売されている保険 2.自動車保険(特約) 3.火災保険(特約) 4.傷害保険(特約) 5.クレジットカードなどの付帯保険 6.会社等の団体保険 7.PTA保険 ご確認いただきたいこと 1から7の保険・共済に加入しており、個人賠償責任保険が付帯されているか。個人賠償責任保険※保険会社によって名称が異なります。個人又はそのご家族が、日常生活の中で誤って他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりして、法律上で損害賠償責任を負担した場合の損害を補償する保険。事業活動中の事故は保証の対象外です。自転車運転中の事故で生じた他人の生命・身体への重大な損害を補償する制度。TSマーク付帯保険(点検整備を受けた自転車に付帯された保険) 点検日から1年以内のTSマークが貼られている自転車であれば誰でも補償されますが、補償条件が他に比べ限られています。個人賠償責任保険に加入、あるいは、TSマークが貼られていますか?はいの方はすでに自転車保険に加入しています。保険期間が切れていないかご注意ください。いいえの方は、自転車損害賠償保険等への加入が必要です。わからないの方は、上記1から7のいずれかの保険に加入しており、個人賠償責任特約が付帯されていますか?(保険証券等ご確認ください)はいの方は、すでに自転車保険に加入しています。保険期間が切れていないかご注意ください。わからないの方はご加入の保険会社・共済にお問い合わせください。未加入の場合は保健への加入が必要です。いいえの方は、自転車損害賠償保険等への加入が必要です。※事業活動中の事故についてはTSマーク付帯保険若しくは、施設所有管理者賠償責任保険への加入が必要です。条例の改正内容について、詳しくは 熊本県 自転車条例で検索。お問い合わせ くらしの安全推進課 電話番号:096-333-2293



 

 

 関連リンク先【外部リンク】


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

総務部 防災安全課 防災安全係
電話番号:0966-22-2111(内線3371)
ファクス番号:0966-24-7869この記事に関するお問い合わせ


  

カテゴリ内 他の記事