【重要】新型コロナウイルス感染症に係る全数届出の見直しに伴うフォローアップ体制について

更新日:2022年9月26日

全数届出の見直しに伴うフォローアップ体制について 【令和4年9月26日から適用】

 熊本県では、厚生労働省の「Withコロナの新たな段階への移行に向けた療養の考え方の見直しについて(確認依頼) (外部リンク)」(令和4年9月6日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部 事務連絡)において、全国一律での、療養の考え方の転換、全数届出の見直しが示されたことに伴い、オミクロン株の特性を踏まえ、高齢者等重症化リスクの高い方に、保健医療の重点化を図ることから、発生届対象外の方が速やかに安心して療養が出来るように、下記のとおりフォローアップ体制を構築しました。

詳細については、次回更新時に別途、お知らせします。

 今後の県の対応についての説明画像、詳細は下記リンクをご参照ください


全数届出の見直し 1概要の説明画像、詳細は下記リンクをご参照ください


全数届出の見直し 2発生届の対象外の方の相談対応などフォローアップ体制の構築の説明画像、詳細は下記リンクをご参照ください


参考:熊本県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第39回)(令和4年(2022年)9月22日(木曜日))(外部リンク)

 

 



 

 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

総務部 新型コロナウイルス感染症対策室
電話番号:0966-22-2111
ファクス番号:−この記事に関するお問い合わせ