新型コロナウイルス感染症の自宅療養者や濃厚接触者等の避難について

更新日:2022年9月10日

新型コロナウイルス感染症の自宅療養者や濃厚接触者等の避難について 

 台風や大雨などの自然災害の発生が予測される場合もしくは発生した場合に、ご自身が安全に避難するため、また避難先において感染を広げることが無いようにするため、避難行動を事前に確認いただきますようお願いします。
 また、以下に、避難等の際の対応について記載しましたので、自宅療養をされる方や、濃厚接触者等として自宅待機される方は、必ずご確認いただきますようお願いいたします。

 

避難先の検討 
  1. お住まいの市町村が公表しているハザードマップ等で自宅等の療養場所が危険区域に該当しているか確認してください。

  2. ハザードマップ等で自宅等が危険区域に該当している場合、災害発生時は宿泊療養施設に避難することとなりますので、あらかじめ所在地を管轄する保健所へご相談ください。
     
    また、宿泊療養施設に避難出来ない場合、避難所へ避難していただくこととなります。
     なお、濃厚接触者の方は、宿泊療養施設への避難は出来ませんので、避難所へ避難していただ
     きますようお願いいたします。

     避難所に避難する場合の注意事項は、下記「避難所に避難する場合」をご確認ください。

  3. 自宅等の療養場所が危険区域に該当していない場合や、安全性が確認できる場所であれば、必ずしも避難所に避難する必要はありません。
     避難所では多くの方が一緒に過ごすため、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の危険があり
     ますので、自宅が水害などの可能性は低いなど、安全性が確認できる場所であれば、在宅避難
     も検討してください。

 

避難先の検討の案内画像


 避難先の検討(PDF 約120KB)

避難所に避難する場合
  • 自宅等で療養している際に、生命に危険が及ぶ可能性がある場合に、宿泊療養施設への避難が困難が場合は、速やかに避難所等に避難してください。自宅等から避難所への移動は、原則ご自身で行っていただくこととなりますので、移動方法については事前に確認しておくとともに、移動手段がない場合は必ず事前に保健所に御相談下さい。
  • 避難所に避難する場合は、必ずお住まいの市町村の防災担当課等に事前にご連絡いただき、指示に従ってください。
  • 避難前に市町村に連絡ができない場合は、避難所に到着した際に、受付において自宅療養中であることを必ず伝え、避難所の職員の指示に従って行動してください。
  • 避難場所等については、あらかじめお住まいの市町村にお尋ねになるか、ホームページ等でご確認をお願いいたします。
各保健所連絡先(熊本市を除く)

 各保健所連絡先の画像


 各保健所連絡先(PDF 約131KB)

関連リンク先


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

総務部 新型コロナウイルス感染症対策室
電話番号:0966-22-2111
ファクス番号:−この記事に関するお問い合わせ