ご自身の住まい再建の方法はお決まりですか?

更新日:2020年9月4日

令和2年7月豪雨災害で被災された皆さま

ご自身の住まい再建の方法はお決まりですか?

住まい再建の方法は3つあります。今後の見通しが決まっていない方は、早めにご相談ください。

 

住まい再建までの流れがよくわからないという方は、下記チラシをご確認ください。

 チラシ(PDF 約1MB)

 

住まい再建制度
  1. 応急修理 令和2年7月豪雨により被災した住宅の応急修理について(被災者支援)
  2. 賃貸型応急住宅(みなし仮設) 民間賃貸住宅借上げ制度(賃貸型応急住宅)について
  3. 建設型応急住宅(仮設住宅) 建設型応急住宅(仮設住宅)の募集について

     

     

住まいが見つからない方に対して、建設型応急住宅(仮設住宅)を必要戸数準備します。

必ず9月11日(金)までにお申し込みください。

※応急修理制度を利用される方は、建設型応急住宅(仮設住宅)は利用できません。 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

建設部 都市計画課 災害住宅支援室
電話番号:0966-22-2111(内線6748・6749)
ファクス番号:0966-24-7869この記事に関するお問い合わせ