報道記者の新型コロナウイルス感染を受けての人吉市長コメント

更新日:2020年7月17日

本市に取材のため来訪された報道記者の新型コロナウイルス感染を受けての人吉市長コメント

 昨夜、熊本県は豪雨で被災した県南部で取材していた神奈川県に住む報道関係者の30代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表し、時事通信社は男性が本社写真部のカメラマンであることを明らかにされました。

 県や同社の発表によると、男性は13日に羽田空港から熊本入りし、八代市や本市内でレンタカーやタクシーを交通手段として取材を行い、八代保健所管内のホテルに3泊滞在したとのことであります。

 取材は避難所の外観や被災現場の撮影が中心で、被災者との長時間の接触はないとし、県では同社の同僚記者とタクシー運転手の2人を濃厚接触者として本日検査されております。

 しかしながら、感染者の行動履歴の中に市役所仮本庁舎会議室が含まれていたことから、本日早朝より感染者が立ち回ったと思われる箇所すべての消毒作業を完了したところです。

 今回の事案は、大都市圏を中心に新型コロナウイルス感染症が再び拡大傾向にある中、災害ボランティアなど県外からの受入れをお断りさせていただいているさなかの出来事であり、私自身も改めて感染拡大防止の難しさを痛感したところです。

 つきましては、本日から市が管理する建物内における、熊本県外在住の方(公的機関の方及び被災者の家族及び関係者を除く)の立ち入りを規制させていただきます。

 ご不便をおかけしますが、“本市に新型コロナウイルスを持ち込まない、発生させない”を徹底するための措置としてご理解いただきますようお願いします。

 特に報道各社の皆さまにおかれては、本市の被災の現状や復興に向けた取り組みなど被災されている市民の方はもとより全国に必要な情報を正しくお届けいただく大変重要でありがたい存在であることは十分に理解しているところですが、今後の市が管理する建物内での取材に際しましては、県内在住の系列記者もしくは地元記者クラブに御一任いただきますようお願いします。

 

令和2年7月17日    

人吉市長 松岡 隼人


お問い合わせ

企画政策部 企画課 情報政策係
電話番号:0966-22-2111(内線2222)
ファクス番号:0966-22-3419この記事に関するお問い合わせ