文字サイズ

背景色変更

Foreign Language

大切な「家族の歴史」を守る豆知識-水害から歴史資料を守る-

更新日:2024年06月11日

大切な「家族の歴史」を守る豆知識  ー水害から歴史資料を守るー

令和2年(2020年)7月の豪雨災害では、多くの歴史資料が流出しました。

歴史資料というのは、文化財に指定されているものだけではありません。

市民のみなさまがお持ちの、写真、絵、日記、手紙、賞状などには家族の思い出がたくさん詰まっており、これらの「家族の歴史」を水害で失うことは、「地域の歴史」を失うことでもあります。

市民のみなさまの思い出を守ることが「地域の歴史」を守ることにつながります。

そんな大切な「家族の歴史」を守るための豆知識をお知らせします!

 

万が一「家族の歴史」が水害を受けた際の応急処置

・水に濡れた紙の応急処置

通気性のよい場所で陰干しをします。水濡れがひどい場合は、新聞紙の上にペーパータオルを敷き、その上に乗せて水気を取り除きます。カビを防ぐために消毒用エタノール(エチルアルコール)を噴霧するのもよいでしょう。作業を行うにあたっては、マスク・ゴム手袋等を着用しましょう。

【ペータータオルの使い方】

水に濡れた紙の応急処置の画像、ペーパータオルを使用している様子

 

・写真の応急処置

水をはった容器の中で、ゆっくりゆすって汚れを落とします。洗濯バサミなどで吊るし、通気性のよい場所で陰干しをします。

【洗濯バサミでの吊るし方】

写真の応急処置の画像、洗濯ばさみで吊るしている様子

 

・アルバムの応急処置

写真を無理にはがすと画像が消えてしまう可能性があります。そのまま乾かすと、時間と共に画像の劣化が進みます。より良い画像を求めるのであれば、デジタルカメラ等で直接アルバムを撮影します。

【水に濡れたアルバム】

水に濡れたアルバムの画像

 

お問い合わせ

人吉市教育委員会  文化課
電話番号:0966-22-2324(直通)
電子メールでのお問い合わせは下記「お問い合わせ」の欄の「この記事に関するお問い合わせ」のボタンをクリックしてください。

この記事に関する問い合わせ先

人吉市 教育部 文化課 文化政策係

電話番号:
0966-22-2324

ページの 先頭へ