人吉のくらしの情報 簡単アクセス

観光総合情報

戻る

人吉のおすすめ

2016年02月17日

人吉のおすすめ


◆ ひとよし温泉


温泉1温泉2温泉3
ひとよし温泉の歴史は古く、 明応元年(1492年)に相良家12代当主 為続(ためつぐ)が湯治をしたという記録が残っています。
球磨川沿いを中心に温泉が点在し、泉源は50を超えます。
市内には温泉旅館のほかに公衆温泉浴場も20数軒あり、重要な観光資源となっています。

モダンからレトロまで、様々な温泉がありますので、きっとお好みの温泉が見つかりますよ。

お湯がやわらかく、美肌効果が高いことから「美人の湯」としても女性に人気で、慢性皮膚疾患の方にもオススメ。飲用することで慢性胃腸疾患や肝臓病、結石などにも有効です。

熊本県温泉協会 人吉球磨支部 施設紹介

◆ 日本遺産認定

日本遺産ロゴマーク
相良700年が生んだ保守と進取の文化〜 日本でもっとも豊かな隠れ里 ― 人吉球磨 〜

平成27年度に「相良700 年」に受け継がれた文化財や風習、地域の歴史を結びつけて紡がれた物語が、日本の文化・伝統の魅力を伝えるものとして日本遺産に認定されました。

人吉球磨の領主相良氏は、急峻な九州山地に囲まれた地の利を生かして外敵の侵入を拒み、日本史上稀な「相良700 年」と称される長きにわたる統治を行った。その中で領主から民衆までが一体となったまちづくりの精神が形成され、社寺や仏像群、神楽等をともに信仰し、楽しみ、守る文化が育まれた。同時に進取の精神をもってしたたかに外来の文化を吸収し、独自の食文化や遊戯、交通網が整えられた。保守と進取、双方の精神から昇華された文化の証が集中して現存している地域は他になく、日本文化の縮図を今に見ることができる地域であり、司馬遼太郎はこの地を「日本でもっとも豊かな隠れ里」と記している。

「日本遺産とは」
地域の歴史的魅力や特色を通じて日本の文化・伝統を語る「ストーリー」を
認定するというもので、文化庁が平成27 年度から創設した制度です。
文化財そのものが認定の対象となるわけではなく、ストーリーを語る上で不可
欠な有形・無形の文化財群を地域主体で整備・活用し、国内外に発信するこ
とで、観光振興や地域の活性化を図ることが目的となっています。

日本遺産:人吉市教育部歴史遺産課NEW

◆ 国宝 青井阿蘇神社

青井1青井2
大同元年(806年)に創建された人吉球磨を代表する神社です。中世人吉球磨地方の独自性の強い建築様式の中に、彫刻や彩色などにおいては華麗な桃山期の装飾性を取り入れているのが特徴です。

平成20年6月には、本殿、廊、幣殿、拝殿、楼門が熊本県で現存するものとしては初めての国宝指定を受けました。また、茅葺の社寺建築としては全国で初めての国宝で、注目の観光スポットとなっています。

毎年10月3日から11日まではおくんち祭が開催され、大勢の人々で賑わいます。

青井阿蘇神社ホームページ

◆ 国指定史跡 人吉城跡

人吉城跡人吉城跡 紅葉2人吉城跡 桜人吉城跡 紅葉
人吉城は、明治維新まで人吉球磨地方を統治していた相良家の居城で、別名、繊月城といいます。

城の北側は球磨川、西側は胸川、東、南側は険しい山々に囲まれた難攻不落の自然の要塞でしたが、1862年に城下町の大半を焼き尽くしたという“寅助火事”により焼失してしまいました。

現在は、公園として地元住民の憩いの場となっており、春には桜、秋には紅葉が楽しめます。また、平成17年には城跡近くに人吉城歴史館が開館、平成18年には日本百名城に選ばれており、観光名所のひとつとなっています。

◆ 球磨川下り

球磨川下り
日本三急流のひとつ球磨川を木舟で下る、スリル満点のアドベンチャー。江戸時代、相良氏が参勤交代で使っていたと言われ、流れゆく美しい風景とともに、優雅な殿様気分も満喫できます。

天気の良い日には、岩の上で甲羅干しをするスッポンが見られるかも。冬場はコタツ舟も運航。ぬくぬくしながら急流を下りつつ飲む球磨焼酎は、また格別です。
また、人吉城跡周辺を周遊する「球磨川遊覧舟 梅花の渡し」も期間限定で運航します。ゆったりとした時間をお楽しみください。

※詳しくはくま川下り株式会社ホームページをご覧ください。

◆ ラフティング

ラフティング
日本三急流の一つ球磨川をゴムボートで下るラフティングです。九州でラフティングができるのは、この球磨川だけ。1艇ずつ経験豊富なリバーガイドが乗船するので、初心者や泳げない人でも安全に楽しめます。コースも半日や1日など種類も豊富です。お友達やご家族そろってぜひお楽しみください。

※詳しくは球磨川ラフティング協会ホームページをご覧ください。

◆ 鹿目(かなめ)の滝

鹿目の滝
日本の滝100選に選ばれた落差約36mの勇壮な滝。轟音とともに白い飛沫を上げて垂直に流れ落ちる様はまさに圧巻。滝の周辺は真夏でも肌寒いほどで、避暑地としては最高のロケーションです。
8月には地元住民らによる“鹿目の滝祭り”も行われ、毎年大勢の人々で賑わいます。

◆ 相良三十三観音めぐり

相良三十三観音
相良家700年の歴史が凝縮された貴重な文化遺産の数々。人吉市と球磨郡に35の札所があり、人吉市内だけでも一番札所の清水観音、二番札所の中尾観音など、十二ヵ所が点在します。
春と秋のお彼岸には全ての札所が一斉に開帳され、地元によるお茶や漬物の接待など心温まるおもてなしがあります。
城下町や緑豊かな大自然、広々とした田園など、周辺の風景も一緒に悠久の時の流れを堪能してみてはいかがですか。

    ☆★列車の旅もおすすめ★☆ 

SL いさぶろう田園シンフォニー

人吉駅からは見所満載の列車が運行中!!

★2009年4月25日復活運行した「SL人吉

★スイッチバックとループ線や日本三大車窓のひとつが見れる列車
いさぶろう・しんぺい号

★2014年3月から運行開始
朝夕は日本一心ゆたかな品格のある通学列車
日中は日本一心ゆたかなおもてなし観光列車
田園シンフォニー

 人吉にはこの他にも見所がいっぱいです

観光についてのご相談・パンフレットのご用命につきましてはお気軽にご連絡ください。  

この記事に関するお問い合せ

経済部 観光振興課 観光振興係

TEL:0966-22-2111(内線5141)
FAX:0966-22-7047

 

戻る