建設工事における中間前金払制度の導入について

更新日:2015年5月1日

 建設業を取り巻く経営環境が依然として厳しい状況にある中で、受注者への円滑な資金提供を図ることで、下請業者への適切な支払い、建設業者の資金繰りの改善につなげることを目的とし導入いたします。
 中間前金払制度は、一定の要件を満たした場合に、当初の前払金に追加して、さらに2割を超えない範囲で前金払(中間前金払)することができる制度です。
 なお、中間前金払制度の適用につきましては平成27年6月1日以降に契約する工事からとなります。

詳細につきましては、下記のお知らせをご覧下さい。

 

中間前金払導入に伴う人吉市公共工事請負契約約款の一部改正について

中間前金払制度導入に伴い人吉市公共工事請負契約約款の一部改正を行っております。
改正後の約款を下記に掲載しております。

人吉市公共工事請負契約約款(PDF 約180KB)
 
※赤字で記載している部分が今回の改正箇所となります。

 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

総務部 契約管財課 契約検査係
電話番号:0966-22-2111(内線2142) 
ファクス番号:0966-24-7869この記事に関するお問い合わせ