人吉のくらしの情報 簡単アクセス

戻る

公共工事における施工体制台帳の作成について

2015年04月01日

 「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」の一部が改正されたことに伴い、適正な施工体制の確保のため、公共工事においては、下請金額にかかわらず施工体制台帳を作成し、提出することが義務付けられたため、本市においても以下のとおり取り扱います。

施工体制台帳作成が義務付けられる工事

【改正前】

下請契約金額の合計が3,000万円(建築一式工事の場合は4,500万円)以上になる工事

【改正後】

下請契約を締結する全ての公共工事

この記事に関するお問い合せ

総務部 契約管財課 契約検査係

TEL:0966-22-2111(内線2142) 
FAX:0966-24-7869

 

戻る